category雑貨

フィオラート

trackback0  comment--
ビーズリングのキットをいくつか作ってコツを得たので
満を持して登用です。
ずいぶん長いこと寝かせてたヴェネツィアン・フィオラート!

091107-フィオラート

フィオラートというのは、ガラスで花の模様を描いた
イタリア製のガラスビーズ。トンボ玉のようなものです。
このビーズはもーかれこれ10年くらい前、たしか日本ヴォーグ社の通販で入手して
ずっと持ち腐れてました。
通販カタログでは豪奢なビーズリングに仕立ててあったんですが
参考作品ということで、作り方は不明だったのです。
カタログにあったような素敵なリングを作りたくて
その後すぐに練習用にキットを買ったり、ビーズアクセの本を買ったりしたものの
当時は仕事か忙しくて取り紛れてしまって
そのまま死蔵~。
そしてここ数週間の死蔵キット発掘キャンペーンに話は繋がる。
というわけなのでした。

で、先日
無色透明ベースのオリーブ型のフィオラートで
念願のリングを作ってみたのがこれ。

フィオラートリング01

一番最初にナツメ型ビーズメインのものを作ってはいましたが
サイズが全然違って大きいので、周りの構成が変わってしまい
試行錯誤してるうちに、まったくのオリジナルデザインになってしまいました(^^;)。
ちょっとイメージ違うけど、まいっか~。

そして今日、今度は乳白色ベースのトンド(まんまるのラウンドビーズ)で製作。
ビーズの組み方は、ネックレス・ネックレス監修の
「ビーズアクセサリー2」に載っていたものを参考にしました。

フィオラートリング02

この組み方はメインのビーズが横手方向使いなんですが
トンドが不透明色なので無問題です。
ただ、あり合わせの材料で組んだので
サイズが指定と微妙に違ってるビーズがあり、バランスがいまいち。
カラーコーデも甘いので、後日組み直すかもしれません。


最近、なかなか買い出しに出る機会が無くて、いろいろ細々と材料不足です。
今日は上のリングを作った時点でテグスまで使い切ってしまい
ついにリングすら作れなくなってしまいました。
で夕方、ダーリンが帰宅後に、珍しく遠くの手芸店へ連れて行ってくれたのに
途中、ユニクロセールの渋滞に巻き込まれ
着いたときには閉店・・・(;-;)
チョーカーも作りかけて頓挫してるものがあるのに
ぜんぜん前に進めない~!
手芸店ってどうして7時に閉まるの~(;-;)(;-;)(;-;)
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:ヴィクトリアンな小物作りジャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/74-5fb4bc68