categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大太刀「轟天」

trackback0  comment--
梅雨が明けましたね。
今年は大きな入道雲のそそり立つ、いかにもな夏空が印象的です。
湿気と高温のせいもあって、前回より少し間が開きましたが
今回の出し物は、かなりお久しぶりのこんな御刀!




なんと全長74cm、お人形の背丈を優に超える 大太刀のご紹介です。
大太刀をお作りするのは2015年1月「蛍丸 写」から2年半ぶり、
犬吉オリジナルの超長尺刀としては、2014年6月の「仙樂」以来ですから
実に3年ぶりとなります。
そして13年制作の鬼太刀「焔鬼」(77cm)に迫る
歴代2番目に大きな御刀になりました。

また今作は、大太刀としては初の本格太刀拵。
太刀緒を袈裟懸けにして背負うスタイルがとってもクールですよ♪

長大なだけでなく、鎬と反りの美しい均整のとれた体配に
ダイナミックな乱れ刃文が踊る刀身も圧巻です。
どうぞ上の画像をクリックして
美と剛を兼ね備えた究極の一振り、とくとご覧ください!(^ω^)/


犬吉さんがこれまで手がけた斬馬刀・大太刀・鬼太刀などの超長尺刀は、
打刀拵〜半太刀拵に皮のホルダーで背負い紐を着けていました。
そういう豪放なデザインにしていたのは、
長大な御刀の凄みを表現する狙いもありましたけど
まず当時はまだ太刀拵に挑戦していなかったためでした。

2015年以降、「三日月宗近 写」を初出とした太刀拵の製作を
何度も経て来た今、満を持して
本格太刀拵の大太刀となったわけですが・・・
太刀拵って、腰にも佩けるし背中にも背負える、
便利な構造だったんですね・・・!
(°ω°*)



おひな様や五月人形などの御刀を観察してますと
太刀緒は二の足(後ろの足金具)の上で一結びしてあるのが
どうも一般的な様です。

あれはなんでなん?と漠然と気になってましたが、
一結びすると太刀の位置が安定するだけでなく、
太刀緒に角度が付いて、佩刀するときでも背負うときでも
腰や背中に拵がフィットしやすいのだということが
今回、お人形に太刀を背負わせてみてよくわかりました。
「獅子王」の現存する黒漆太刀拵などは両方の足皮の上に結び目がありますし、
昔の武人たちもいろいろ試行錯誤して
御刀を使いやすくしてたのでしょうね〜。(^ω^)



鎌倉時代に登場したという糸巻太刀拵は
桃山時代頃にはもっぱら儀礼用の拵となり、
鞘に金蒔絵などを施したものは刀装の中で最も華美で格調が高く、
武家の権威の象徴とも見られたという事ですが・・・

鞘の前半、足金具が付く部分を柄巻きのようにしてるのを
「渡り巻」と言いますが、
これは鞘が鎧に擦れるのを防ぐため考案されたものだそうです。
糸巻太刀拵って、金属の覆輪で鎧った厳物造にくらべて
スマートで優雅だな〜って印象でしたが、
実はすごく実戦向きの拵えだったのですね。

同じく鎌倉時代から幕末まで主流だった柄の糸巻きは、
現代においてもストライダーナイフなど
軍用カスタムナイフに採用されてたりしますから、
実際たいへん優れた外装なのだと言えます。

なにせ1/1に換算すると199.8cmに相当する今回の大太刀、
柄巻きと渡り巻の距離もずいぶん長く
人形サイズでも諸捻巻きがいつもより大変だったみたいで
犬吉さん「よくわかんねーけど、一生分巻いたぜ?ノ(・Å・)ヽ」
などと燃え尽きた顔で申してました。(^ω^;)



立てると歴然、SD少女さんと並んでこの長さ!
17少年さんや70cmドールでも十分ド迫力な絵になるのでは・・・(^ω^)

しかしこんななっがい御刀、実戦ではどうやって抜いたのでしょうか?
そもそも2M級の大太刀なんて、神様に奉納するものであって
実際には使われなかったのでは?とトリコなんかは思ってました。
が、
いにしえの戦では、大太刀は結構ポピュラーな武器で
最近は「太郎太刀」の逸話などで有名になりましたが
2Mを超える大太刀をぶん回していた豪傑も複数実在したというから
驚きです。

太刀は本来騎馬で振るう武器で、打刀よりかなり長いものですが
使い手の腕の長さに余る大きな太刀は常に従者が携えて運び、
馬上の主がそれを抜いて戦ったとの事。
それならどんなに長い大太刀でも抜刀することができますね。

しかし自分で背負った大太刀を、一人で抜く方法もありまして!



上の写真のように、左手で鞘の上部を握って柄を体の前に倒し、
右手で柄を掴んで引き抜きざま、鞘を後ろへ払う勢いで
抜刀しちゃうのだそうです!

わ〜そんな場面、時代劇でも見た事ない!見てみたい!なんて
「蛍丸写」の時も書きましたが
今回はそういう場面をモデルさんにお願いして撮影してみました次第。(^ω^)





夏の盛りの庭先や山では背景のお花が手に入らなくて
今回も困った時の紅葉頼り。
新緑の頃とはまた違う、濃く深い緑の葉は生命力に溢れていて
豪壮な御刀の画像に力強い息吹を添えてくれました。

どうやら春先の予報通り、今年も猛暑となりそうですが
どなた様もどうか元気で夏越しできますように!(´ω`*)/
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/503-286d6089