categoryオーダー

SD用日本刀 太刀「鶴丸国永 写」III (オーダー)

trackback0  comment--
ここしばらく、ヤフオク!でいつもお世話になっております方より
太刀のオーダーをいただいて製作しておりましたのが
先日完成しましたので
先方の許可を得てご紹介させていただきます。

Tsurumaru3-04.png
Tsurumaru3-01.png

オーダー品は、犬吉作ドール用御刀の中でも特にお問い合わせが多く
今までヤフオク!でも2回お目見えしました「鶴丸国永 写」
三振り目となりました今作は、
依頼者様からのご要望を受け、全長50cm超でお作りすることとなり
最終的には全長 52.3cm(刀身44.5cm、刃長37.0cm、反り1.7cm)という
斬馬刀・野太刀などの大太刀を除いて、
これまでで最も長大な太刀となりました。

乾犬吉が鶴丸の美しい刀身に相応しいと考えてデザインした
この白い金襴包みの長覆輪兵庫鎖太刀拵、
「厳物拵(いかものごしらえ)」にカテゴライズされる拵だけあって
とかくいかめしい重厚なフォルムになりがちなのですが、
今回のこの鶴丸写では、鞘をギリギリまでシェイプした試みと
全体の長さがあいまって
まさに仙鳥のイメージを保った、すらりと美しいプロポーションに
仕上がっています。

Tsurumaru3-05.png

全体のバランスを取り、長大な御刀を佩刀時に安定させるため、
腹帯(鞘に兵庫鎖を繋げる金具)の間隔を広く取りました。

太刀はもともと騎上で使う御刀ですから
当然、打刀よりかなり長い物ではありますけれど
SD少女さんの身の丈に迫る迫力の長さながら、
佩刀すると不思議と収まりの良いサイズ感は
単純な数値上のドールサイジングではない
乾 犬吉のディフォルメ芸の真骨頂です。

Tsurumaru3-10.png

太刀はまず拵が目につきがちですが
腰反り高く踏張りがあり、細身で小鋒の鎬造が特徴である
スタイリッシュな鶴丸の刀身も
すずやかな直刃文とともに見事に再現されていますよ。(^ω^)/*


Tsurumaru3-08.png

ところで、太刀拵をはじめた頃からよく使ってました
模様入りの平紐が手に入らなくなりましたので、
最近は太刀緒の組紐も自前で製作しています。
自作の組紐は、こちらでは「小烏丸」が初出ですが、
そちらは10本畝組みという約1mm厚の平組み紐でした。
今回のは十二平唐組という2mm厚の分厚い平組みで、
白地に四色の矢絣が現れる、さらに丈夫な平紐です。
これまでで一番太刀緒らしい雰囲気の紐になったのではないかと
思います。




兵庫鎖も相変わらず手作りで
こればかりは早く作るコツというものがなく工程の省略も効かず、
毎回長時間の緊張とのたたかいですが
こういう何かコツコツ作ることに集中している間というのは
使っている素材や手工芸ツールに人類の叡智を感じずにいられなくて
長時間の反復作業も祈りの時間に思えてしまいます。(*´ω`*)


そんなこんなで、1ヶ月余の作業で出来上がりました
オーダーの鶴丸写。
実は太刀のオーダーをお受けしたのは初めてで、
太刀は打刀等と比べて工程がべらぼうに多いですから
本来は工期を2ヶ月以上と予定させていただいておりましたが、
今回は季節が良く、野外での切削や研磨作業がおおいに捗った様で
あまりお待たせすることなくお渡しできて良かったです。(^ω^)-3

Tsurumaru3-11.png

同じ御刀の三作目ではありますが、
これまでの技術を集大成し、さらに磨きをかけるという
修行の機会をいただくことができました。
ご依頼者様、このたびは本当にありがとうございました。m(_ _)m


*******
最近、オーダーのお問い合わせが増えて参りましたので
こちらでちょっと書かせていただきますね。

Le Cirque du Papillonでは
原則としてオーダーはお受けしてないのですが、
過去にヤフオク!でお取り引きをいただきました方は
乾犬吉作品の傾向や仕上がりを直にご確認頂き、
双方信頼関係が成立しておりますので
費用が折り合えば、ご希望のドール用の御刀を
お作りさせていただく事がございます。

ただ、その際には結構しんどいお願いが。

1. オークションで当方とのお取り引きのある方に限ります。
  (国外在住で代行業者をご利用の方でも、当方作品のオーナーであれば
  ご依頼は可能です。)
2. ご希望の品目によってはお断りする場合がございます。
3. 製作費用は要相談となります。
  拘束費が加算されますので、基本的にオークション相場価格より
  お高くなるものとお考え下さい。
4. 納期は暫定2ヶ月。
5. 製作前に、半額を前金としてお納めいただきます。
  前金は材料調達費と拘束費であり、後日キャンセルとなりましても
  ご返金はいたしかねます。
  残金は完成後、写真確認いただいた上で頂戴いたします。
6. 揃いの脇差製作の場合は、本差しを、
  別仕様の拵製作の場合は元になる刀身をお送りいただき、
  製作期間中お預かりさせていただきます。
7. 下緒・刀袋・手貫緒等に使用した材料の在庫がなく、
  再入手が不可能な場合は仕様変更になります。

なかなか手強いハードルだと思いますし
決してお安くないお買い物ですので、
何卒ご依頼の前に熟考くださいますようお願いいたします。m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/497-c1a3ab7c