categorySD用 日本刀(御守刀・短刀)

●SD用日本刀 短刀「ほうき星宗近 写」

trackback0  comment--
はやくも新年度となってしまいました。
この4月で、自称人形刀匠・乾 犬吉がドール用の大刀(打刀拵)を
はじめてお目にかけてから5周年を迎えることになります。
と言いつつ、ここしばらく御刀のご紹介をしてない気がしますが (・ω・;)
今回は、御刀の中でもすっごくお久しぶり感のあるこちら!




実に一年ぶりの短刀写となります。
今作は、平安時代の最も偉大な刀匠・三条宗近の
現存ではただ一振りの短刀とされ、
源義経が自刃に使った「今剣」?と目されている
「ほうき星宗近」の写。

「鵜首造(うのくびづくり)」と呼ばれる珍しい姿と、
その号のもととなった彗星のように尾をひく刃文を
ドールサイズで忠実に写しました。
現代では再現不可能と言われる唐草模様の拵は、
漆塗りの技法の一つである時雨塗りの応用で表現しています。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧ください!(^ω^)/


昨年、源義経愛刀「今剣」の可能性があるとして、まさに彗星の如く現れた
青森県の個人蔵である「ほうき星宗近」・・・
あの国宝「三日月宗近」の兄弟刀かもしれないだけに
いろいろ物議を醸したかと思いますが
記録に残る「今剣」と同じ銘、
古刀特有の刃文、「義経記」の記述にあてはまる拵から
現存の御刀の中では「今剣」の最有力候補であるのは
まちがいありません。

その現物の拵を、昨年夏の青森県郷土館の刀剣展では
所有する方のご好意で手に触れさせていただくことができたそうで
お出かけになった方々が羨ましい限りです。

さらっと調べてみたところ、
所有者の方は特に鑑定をされるお気持ちはない様子。
号こそ「ほうき星宗近」と新たに命名されたものの、
その御刀が「今剣」であるかどうかという事よりも
「今剣」かもしれない、という浪漫を大切にされているのだな〜と
思わされました(*´ω`*)。


そんな浪漫の塊、「ほうき星宗近」の写ですが、
三条宗近によって鞍馬山に奉納された大きな太刀を
短刀に作り直したのではないかとも言われている
ちょっと変わった造りですので、
いつもは犬吉さん、短刀ですと2mmのアルミ鋼から削り出しますが
今回は太刀など大きな御刀を作る時に使う3mm材を
鎬造りに削り、そこから「鵜首造」に仕上げました。



「鵜首造」とは、Weblio 辞書によれば
「鎬筋が物打付近で棟に接し、その部分の棟が張り、
以下の重ねを簿くした造り込み」。
上の写真でお判り頂けるでしょうか…切先から刀身の中頃まで
鎬(写真では反射で白く光っている部分)があり、元までは平造になっていて
棟の上から見ると鵜の首っぽく見えるのが特徴です。
軽量化とトップヘビーを兼ねるとか、血の抜けが良いとか、
色々利点がある様ですが
まずは太刀直しでなくては成立しないフォルムだという事が
実際削ってみると納得させられたそうです。



ところで一昨年あたりから、短刀、御守刀でも
全長12〜13cmの大振りなものが多かった犬吉作品ですが、
今回は久しぶりに10cm未満の可愛いサイズに仕立て上がりました。
鐺の環に大きめの房を付けたせいで存在感は増し増しですけど、
小柄櫃をオミットした拵は、1/3スケールでの限界に近い細身で、
MSDさんにもしっくり来るサイズ感になっていると思います。(^ω^)



今回うかつにも、短刀にはいつもお付けしている懐紙を
御刀と一緒に撮影するのを忘れてしまい、
オークションの商品説明に添えましたのが
以前「三日月宗近 写」で撮った画像の流用で申し訳ありません。
竜胆が写り込んじゃってますけど(^ω^;)
これと同じ懐紙となりますので、よろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/492-04932f33