categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 太刀「小烏丸 写」

trackback0  comment--
日本刀はいつから作られ始めたのでしょう?
その疑問は遥か飛鳥時代にも遡ることになりそうです。
太古、剣は大陸からの輸入品で、すべて直刀だったそうですが
それが反りを持つ湾刀となった事で、日本刀剣の歴史が始まります。。。

ということで今回は「日本刀ことはじめ」とも言える
この御刀のご紹介!




今作は、日本刀剣が諸刃の直刀から片刃の湾刀へ移り変わる途中の姿を留めた
希少な鋒諸刃造(きっさきもろはづくり)の太刀です。

古代の刀匠・天国(あまくに)によって作られたとも
八咫烏の羽が変化したとも伝わる平家重代の宝刀・・・
と何百年もの間信じられて来た
伊勢家伝来の皇室御物「太刀・小烏丸」をドールサイズでお作りしました。
現存する付属の「錦包糸巻拵」も、可能な限り忠実に再現しています。

今回は豪華な御刀手入れ具(通称:DXぽんぽんセット)付き。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧ください!(^ω^)/


今はなき伝説の宝刀「小烏丸」を作った天国(あまくに)ですが、
この方は天叢雲剣(草薙剣)の作者でもある、日本最古の刀匠なのですね。
天国の時代以前にも当然、刀鍛冶はたくさんいたわけで
正確には「日本刀剣の祖」という事ですが
'刀匠'として名前が残っているのは、この方が最古となるそうです。

活躍時期は大宝年間(飛鳥〜奈良時代)とも、平安時代後期とも、
また複数人存在したとも言われて
もはや実在も怪しまれる伝説の人物扱い。
なにせ古い時代の話ですからしょうがないのですが
それだけに、その作品に馳せる浪漫は限りないものがありますね。(*´ω`*)



さて今作は、平家重代の宝刀でありながら
残念ながら鎌倉時代に行方知れずとなってしまったという
その天国作の小烏丸ではなく、
おそらく室町時代ごろから平家一門の流れをくむ伊勢家に伝来し、
明治時代に皇室御物となっている実在の「小烏丸」です。

江戸時代に幕府に提出された「伊勢貞丈家蔵小烏丸太刀図」が
いわば名門・伊勢家のお墨付きでしたので
その後「集古十種」や「刀剣図考」にも収録されたために
長い間、平家伝来・天国作の小烏丸と信じられて来た御刀ですが
こちらが生ぶ茎であることに対しオリジナルは天国の銘が切ってあり、
また刃長も20cm近く短いことから近年は別物と判断されています。
しかし樋が茎(なかご)の途中まで掻き通っていて
元々はもっと刃長のある太刀だった様に思われますから
伊勢家の小烏丸が、実は天国の小烏丸を磨り上げたものなのでは?と
思いたいのも人情かも。

う〜ん…天国の小烏、どこいっちゃったんでしょうねぇ・・・
いろいろ調べてますと、どうも江戸時代初期の文献に
オリジナルの目撃情報なんかも2,3残ってたりするのですが
いまは現物の行方は杳として知れず。
なんともミスティックな御刀です。


ところで最近、『集古十種』掲載のモノクロの小烏丸太刀図がSNSに出回っていて
これぞ本物の天国の小烏丸?と目されている向きも多い様ですが
あれも伊勢家伝来の小烏丸の写し絵で、
元絵は上述しました「伊勢貞丈家蔵小烏丸太刀図」、
なんとフルカラーの巻物です!
早稲田大学図書館の古典書籍データベースに大きな写真が収録されていて
カラーで閲覧できますので、よろしかったら(^ω^)/
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/wa03/wa03_03645_0301/index.html
PDFもダウンロードできますよ♪

現存の拵(リンク先は東京木材問屋協同組合様のHP)は、
それから後の時代に誂え直されたもので
まったく同じ素材は望めなかったのでしょうけれど
この図に近づけるように頑張った感が伺えますよね(^ω^)。

そんなこんなで、実は他にも幾振りか存在するという
現存の小烏丸の中でも代表格と言える御物・小烏丸を
犬吉さんも頑張って再現しました。




今作が初となる、刀装具をすべて金襴で包んだタイプの錦包ですが、
錦包の下には、ちゃんと真鍮製の刀装具を取り付けているのですよ。
金襴の下から部品の形が浮き出るだけなら
他のもっと加工しやすい素材でも良い気がしますが、
鞘の比重と御刀全体のウエイトバランスすっごく大事ですから!(;`・ω・´)*

それから、トリコ今作では太刀緒の手織りにも挑戦することに。



ドール用の太刀緒に使えそうなガチャ目の平紐が
最近はネット内外のどこを探してもみつからなくて…(´;ω;`)
ついカッとなって組紐プレートを取り寄せてみたところ、
これがなかなか楽しくてハマってしまいました。
5mm幅の平紐なら、だいたい1日で下緒一本分作れるのですよ。
しかも好きな色柄で!
和柄の平紐を探して、何日も探し回ったりジリジリ通販待ちしたり
意中の色柄が無くて妥協するストレスから
今後は解放されそうです。(^ω^)




今回の背景は、咲き初めの山茶花。
赤い実の南天とどちらを使うか迷いましたが、
小烏丸の華やかな拵は、鮮やかな花の存在感に全然負けてなくて
ほどよく釣り合いが取れた様に思います。(^ω^)

庭にこの紅色の花が咲くと冬の到来を実感します。
全国的に暖かい初冬の様で、まだ秋の風情を残す地方も多いと思いますが、
皆様、急な冷え込みにはくれぐれもお気をつけて。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/483-c0aa59de