categorySD用 和小物

●SD用 箱膳「いぬのや・瀬戸の夕餉」

trackback0  comment--
やってきました行楽の秋、食欲の秋。
今年は夏からこっち、やたらめったらお野菜が高くて閉口しますが
せめてお人形さん周りは、不足なく美味しい雰囲気にしたいもの…と
自称人形刀匠・乾 犬吉、皆様のご笑覧を賜るべく
またまた新境地を開拓いたしました。




今回は、時代劇の小道具のひとつでもあり
最近はインテリア小物としてもちょっと注目されている
昔ながらの『箱膳』と、旅情あふれる御料理を
SDサイズで可能な限り写実的にお作りしてみました。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧くださいませ〜(^ω^)/


今作の木工と樹脂粘土細工は、100パー乾 犬吉作品です。
や、犬吉さんいつも刀匠ぶってますが、
実は料理男子なんでございますよ。
和・洋・中華・ジャンク問わないだけでなく
餡ものの和菓子やスコーン、柿の葉寿司なんかもお得意という
マルチな自称かわいいコックさん(爆)なのです。



上の写真は、今年の夏に作った柿の葉寿司。
こちらは1/1サイズの本物で、ご近所にもおすそわけして
美味しくいただきました。

その犬吉さんが「旅籠のごはんといえばこれ!」と
お人形用に整えましたのが、今回の箱膳。



超絶リアルなサワラの塩焼きも筑前煮も、お味噌汁の具も
すべて樹脂粘土製。
ご飯粒も一粒一粒ていねいにチネりました(笑)。

サワラは瀬戸内海ならではの海の幸で
焼きでいただくのが主ですが、
とても足が速いので、お刺身などは瀬戸内地方でも
漁港の近いところでしか楽しめないそうです。
現代ですとレモン乗せホイル焼きなどが一番美味かなと(*´ω`*)



犬吉さん、もともと食品サンプルやミニチュア食玩なんかに
テンション上がっちゃうクラスタだっただけに、
製作がなかなか楽しかったようで、
ブリがついたんでしょうか、返す刀でこんなものまで
こさえてました。↓

オレオ1

こちらは市販のスイーツアクセ用の材料を使った簡単なものですが、
はからずもSDさんにジャストサイズでしたので
今回の箱膳のおまけとしてお付けいたしますね(^ω^)

オレオ2
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/479-1adb6f92