categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 太刀「鶴丸国永 写」

trackback0  comment--
せっかくの満月が、台風と長雨のせいでなかなか拝めないと
お嘆きの方も多いように思われる今年の秋。。。
ここはひとつ月のように涼やかでグラマラスな御刀を眺めて
心を癒やしていただきとう存じます。




今回は、平安時代は五条国永の作にして皇室御物
「銘: 国永(名物・鶴丸)」の写。

三条の流れをくむ端麗なシルエットと
小乱の交じる爽やかな直刃文を現存の刀身から忠実に再現し、
柄と鞘を白の金襴で包んだ長覆輪兵庫鎖太刀拵という
乾 犬吉デザインの美しい拵に仕立てています。

一目一目手作りで古式通りに再現した兵庫鎖を用い、
重厚な猪目太刀鍔を挟む大切羽や兜金・縁・責金・石突・足金具など、
無垢の真鍮であつらえた刀装具には
武家から神社へ奉納するときに拵に入れる習わしがあるという
鶴丸文をふんだんにお入れしました。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧ください(^ω^)/


実は、鶴丸には付属の拵えがあるそうですが
それらしい画像を目にする事がありませんよね・・・
古い記録によると、
伊達家によって江戸時代に作られた
鞘に同家の家紋の蒔絵、金具に引両紋を施した太刀拵とのことで
時代的におそらく糸巻太刀拵なのではと推察してますが、これが
「明治時代にそのまま天皇家に納められ後世に伝えられている」とはあっても
「拵は残っていない」という記述はどこにも見当たらないので、
きっと現存はしているのでしょうけど
なにせ皇室御物なので、なかなか公開される機会が無いのですね。

Tsurumaru2-04-3.png

なので、まさに鶴のごとくすらっと美しい刀身から
古典のものではまず見られない白基調の拵をイメージして
真っ白な金襴包とし、
由来の古さに合わせ、室町以降といわれる糸巻拵より古いスタイルの
長覆輪兵具鎖太刀拵を採用しています。

この兵庫(兵具)鎖というのが、構造が特殊なせいか
切り売りで出来合いを買えるところが無いので
いつも真鍮線で手作り。今回も丸一日かかっちゃいました。(^ω^;)

鎖4-300

金襴包は本来、刀装の金具ごと鞘を金襴布で包んでしまう拵で
このような長覆輪の厳物造太刀(いかものづくりのたち)で
金襴張りが古今問わずあまり存在しないのは
責金や石突(鐺)などの刀装具を上から取り付ける際に
せっかくの綺麗な布を痛めてしまいがちだからでしょうか。



今作も犬吉さん、真っ白な金襴の美しさを損なわないように
最大限の注意を払って黒染めの金物類を溶接しました。
漆仕上げも手間ですけど、金襴張りはこの点がいつも
すっごく気を使うところなんだそうです。(^ω^;)


今回の背景には、庭の紅葉を使いました。





我家の庭には3本の紅葉があって、うち2本は結構な大木ですが
残り1本のひょろひょろ伸びた実生の若木から
いつも整枝がてら枝をいただいています。
葉はまだ青々としていますが、梢の細枝は真っ赤に色づいて来ました。
朝晩すごく冷えるようになったから、
これからあっというまに紅葉してしまいそう。
皆様どうか日々の寒暖差に気をつけてお過ごしください。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/478-5d762899