categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 太刀「三日月宗近 写」

trackback0  comment--
まだまだ残暑が厳しいですが、山里には着実に秋が忍んで来ています。
作刀にも良い季節になって参りました。
備中国の何処かで毎度奇跡を起こし続ける自称人形刀匠・乾 犬吉の
久々の大作をご覧くださいませ。




今作は、乾へのお問い合わせが最も多い
「名物・三日月宗近」の写。
天下五剣の中で最も美しいと評される国宝「太刀 三条」が
ドールスケールにて奇跡の完全再現です!

三条特有のすらりとした腰反り高い優美な刀身と
号の由来である三日月の'うちのけ’を再現しただけでなく、
現存する鞘のデザインを元に欠損部分を補い、
加賀の純金箔を用いて表裏三十四紋の菊桐紋蒔絵を描いた
絢爛豪華な糸巻太刀拵に仕立てました。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をお確かめください!(^ω^)/


本格太刀拵は、2月にご紹介しました「にっかり青江 写」以来ですから、
実に半年ぶりのリリースとなります。
以下、今作の見どころなど。↓
まずは鍔。
猪目透かしの伝統的太刀鍔は、鍔本体の表と裏に
現存する鞘の太鼓金と意匠を揃えた華やかな浮き彫りの大切羽を
通常の切羽との間に挟むという
古い太刀本来の構造を採用しました。



Mikazuki2-16.png

そして昨年の確立から更に磨きのかかる乾お得意の技術
「見る角度によって顕幽する刃文」は、
実物から忠実に写した三日月の'うちのけ'を含め
さらに繊細優美に。
純金の箔押しで表現した鞘の菊桐紋蒔絵も、
それぞれ径11mmの紋の中でも
漆を用いた手描きでは特につぶれやすい桐の葉の描写など
格段に精細に仕上がったと思います。

鞘紋


それから、特別仕様の御刀に相応しいように
今作には御刀手入れ具をフルセットお付けしました。



お手入れ具セットはかつて単品でご紹介した事がありますので、
詳細についてはこちらより御参照ください。


Mikazuki2-18.png

今回の撮影に使ったのは、
葡萄みたいな実がワインレッドに熟し始めたヨウシュヤマゴボウと
直産市で買ってきたリンドウですが、
すみっこに添えたこの白い花。



散歩道にわっさり咲いていた可憐な野草をいただいてきました。
見たこともない花だったので調べたら、
日本自生種のセンニンソウという蔓性植物で
トケイソウやクレマチスの仲間だそうです。

すこーし見頃を過ぎてましたので、メインには使えませんでしたが
径3cmほどの十字型の花がすごく可憐で
郡開する様がほんとうに仙境かと思うほど美しいのです(*´ω`*)



晩夏から初秋に移るこの時期は、山野に綺麗な花が少なくて
見かけるのは園芸種のケイトウやダリア、花木ではサルスベリくらいでしょうか。
和のものに似合う花を咲かせる自生植物となると、さらに希少ですよね。
また素敵な花の存在を新しく知ることができました。(^ω^)
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/476-97de1638