categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大小「和泉守兼定/堀川国広 写」土方歳三拵

trackback0  comment--
御刀好きには土方歳三の風薫る5月となりました(・∀・)。
みなさま如何お過ごしでしょうか。




今作は新選組・土方歳三の佩刀「和泉守兼定」と
「堀川国広」を写した大小揃に、御刀手入れ具が付きました。
大刀と脇差の二本差しは武士の正装に欠かせないもの。
誰よりも武士らしくあろうとしたラストサムライ・
土方歳三に相応しい豪華セットです。

兼定は、土方歳三資料館に保存されている会津11代兼定の本物を
拵までそのままドールサイズで再現し、
記録のみで現存していない堀川国広は、
同じ刀匠の現存作品から写しました。
鞘の牡丹鳳凰紋の有無以外は意匠を揃えた拵となっています。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧くださいませ!(^ω^)/


戦時中、兼定の代わりに金属供出に出されたとか
GHQの接収に遭い海底に沈んたとか
その行方については諸説紛々の脇差・国広ですが、
最近は「日野の実家に戻った事はない」という説も浮上し
ますます混迷している様です。

お品についても
実は短刀作りの小脇差だったらしいと言われていたり
(国広が二尺以下の御刀を作らなかったという説は無根だそうです)
そもそも下級武士の持てるブランドではないとも言われ
なんとも心許ないのですが
ともかく新撰組通いの研ぎ師の記録には国広一尺八寸(約58cm)、
局長近藤勇の書簡にも「脇差は打刀とほぼ同寸のものが良い」
とあったことから
今回は兼定と拵のテイストを合わせた
長脇差に仕立てています。

兼定にしても、近藤勇の書簡では二尺八寸(約84cm)なのに
日野に現存するものは二尺三寸一分(約70.3cm)?
ん?( ・̆ω・̆ )
と思わされますが、
新撰組時代に使われていた兼定は戦闘で失われており
現存する松平容保より拝領の兼定とは別物という事らしいです。

こんな近世の御刀たちの来歴すら
なにが史実でなにか虚構なのか混沌としているのですから
日本刀の世界、
なかなか油断なりませんね。(;`・ω・´)


さて兼定といえばあの華やかな
牡丹鳳凰紋石目塗鞘のイメージが鉄板なわけですが、
写すにあたり最も難儀なのが鞘の紋です。
石目塗り特有のマットな滑らかさを損なわないためには
デカールなど貼ってコーティングするようなわけには行かず
あの複雑な紋様を約1/3スケールで
漆で一発手描きしないといけませんので
非常な緊張を強いられる工程です。
そして表の絵が乾かないうちは裏に着手できませんので
日数がかかるのも辛いところ。



ですがなんとか奇跡的にやりおおせ、
銀の蒔絵の剥がれかけた風情をプラスして
往時を偲ぶ雰囲気に仕上げる事ができました。
写真でも牡丹鳳凰紋の細かさが伝わるよう頑張りましたが
ぜひお手にとって実物を眺めて頂けたらと存じます。


ところでつい先ごろ、土方歳三資料館のブログで
兼定の拵袋(御刀袋)が紹介されていました。
これは資料館より発行されている図録本には未収録で
どんなタイミングて作られたものかはわかりませんが
細かい松や蔵などの絵巻柄の帯から仕立て直されたお品。
これはぜひ、ドール用兼さんにもそっくりな御刀袋を誂えねば!
と古い帯を探し回ったのですが・・・

ボウズ。_(:3」∠)_

結構な日数、ネットに貼り付いて探した甲斐もなくボウズ。_(:3」∠)_

狙い定めて探したのは、古い金引きの袋帯ですが、
やはり時代のもの、柄的にぜんぜん似たのがありません〜(TωT)
近いかな?と思うものはあまりに高価で
スケールの違いがどう柄に出るがわからないと思うと
ちょっと安易にダイブできないおねだんです。
ほんに良い帯を使ったのですね〜トシ様。
金引きの袋帯は当然女物なわけですが、
どんな上臈に贈られたのやら〜(妄想)
などと数日ねちねち探してて見つけたのが、↓この鳳凰紋の帯。



びっくりしました、
兼定の鞘の紋にそっくりな鳳凰と牡丹の刺繍!
見返り鳳凰もいますよ!

牡丹鳳凰紋は伝統柄なのでしょうけど
こんなに歳三拵の兼定に似合う御刀袋があるでしょうか!

なのでそっくり模様の探索は諦めこちらの帯をGET。
解いて裏に薄萌黄の絹絣を付け、
ちょっと凝ったつくりの太刀袋に仕立てました。

KaneKuni-17.png

解く時、傍に縫い目がないので戸惑ったのですが
袋帯って本式には筒に織られた布で作られるのだそうな。
最近は使い勝手の良さから裏表縫い合わせのものが主流だそうで
前者が「本袋」、後者は「縫い袋」と呼ばれるそうです。
筒織りの織機って想像もつかない!(°ω°;)
見てみたさしかありません。

ところでこちら、相当古いものらしく
生地も刺繍の糸もまごうかたなき正絹ですが
経年性の傷みやシミなどがございます。
そのへんはどうかご了承をお願いいたします。m(_ _)m




今回の背景には、若葉の紅葉を使いました。
こちらに引っ越したばかりの頃、
10年放置されて鬱蒼とした庭木を大伐採した折に
実生で生えてきたらしい紅葉の若木をみつけ
切らずに残しておいたものが
毎年美しい葉を茂らせて
剪定枝を撮影に提供してくれています。(^ω^)
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/467-b914d312