categorySD用 日本刀(御守刀・短刀)

●SD用日本刀 短刀「乱藤四郎 写」「博多藤四郎 写」

trackback0  comment--
やっと梅雨が明けたようですね〜(^ω^)
Le Cirque du Papillonでは、前々回より引き続き
夏の粟田口フェアー開催中(笑)。
昨日ですが、粟田口藤四郎吉光の短刀の写をまた二振、
出品させていただきました。



今回の二振は、藤四郎の短刀には珍しい乱れ刃文が特徴の
名物「乱藤四郎」と、
博多商人から黒田家、そして小笠原家に伝わり
現在は重要文化財になっている「博多藤四郎」の写です。



「乱藤四郎 写」は黒の呂色塗りに舞い散る桜を金彩で描いた
優美な合口拵、
「博多藤四郎 写」は黒田から博多藤四郎を贈られた
小笠原忠真の伝話にちなみ、粋な配色の陣刀拵に仕立てました。
どちらも現存する実物より刀身の姿を写し、
ドールサイズで再現しています。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧ください!(^ω^)/


いやしかし粟田口の短刀、たくさんありますよね。
トリコなどは「刀剣乱舞」で初めて知った口ですが、
あれだけの数が登場しながら、調べてみれば…
他にも豊後藤四郎、岡山藤四郎、烏丸藤四郎、
北野藤四郎、大森藤四郎、こぶ屋藤四郎・・・等など、
ゲームで取り上げられていない名物が
まだまだたーんとある様ですよ。

鎌倉時代初期から連綿と活躍していた粟田口派刀工集団ですが、
鎌倉時代中期の粟田口の中でも古刀最上作とされる吉光の短刀は
後の戦国武将たちにとってはトップブンドかつ
貴重なアンティークでもあったから
熱心に蒐集され、大切に受け継がれて来たのですね。



そのレアアイテムの一つであり、五千貫という高価なお品だった
博多藤四郎を、黒田官兵衛の孫・黒田忠之から譲り受けた
豊前小倉藩初代藩主・小笠原忠真は、
太平の世となっても武将としての意識が高い人だったそうで
いざという時のため、いつでも戦に使える様に
この素晴らしい短刀を惜しげもなく陣刀拵にしたというお話が
とても印象的でしたので
犬吉さんのドール用 博多藤四郎も陣刀拵にしました(^ω^)。

写真ではちょっと見づらいのですが、
この黒漆の鞘、鐺(こじり)の方にだけ暗赤色の乾漆を散らしてまして、
赤地に黒糸巻きの柄と相まって
なかなか勇ましい雰囲気です。


うって変わって、御守刀のような清楚な合口拵の
ドール用 乱ちゃん、
中身は妖艶な乱れ刃というのが
なんとも粋なコーディネートでございます(^ω^)↓



こちらの本歌の乱藤四郎は、もともと
細川勝元(室町時代の武将・守護大名)が所持していた事で有名で
後に足利将軍家に伝わり、かの本圀寺の変にも関わったという
華々しい経歴の持ち主ですが、
室町時代に細川家に伝わるまではどこにいたのか、
また、本圀寺の変で朽木元綱に恩賞として与えられ、その後
武蔵忍藩主阿部家に伝来するまでは
一体どちらで秘匿されていたのやら
まったく遍歴が不明なのだという、
ちょっとミステリアスな粟田口短刀です。

現在は個人蔵で、大阪歴史博物館に常設展示されていますが
最大の魅力である乱れ刃文が細部までわかるお写真が
なかなか見られませんので、
古い図録の精細な押型も参考にして
刀身と刃文を忠実に再現しています。


さて、前回のドール用いち兄こと「一期一振 写」で
シークレットおまけとしてご紹介しました
SD用 三色団子を
今回、どちらにも正式におまけとしてお付けしました♪



こちら、お団子は樹脂粘土製ですが、竹串と竹皮は本物です。
竹皮で包めば、お人形のお着物の懐にもすっぽり入ります(^ω^)



おいしそうでしょ?
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/440-a5225260