categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大刀「一期一振 写」

trackback0  comment--
薬研藤四郎、厚藤四郎の後に大刀を行くなら
この御刀しかありませんでしょうね〜。
一期一振 、参ります!




今作は、前回も名前だけご紹介しました鎌倉時代の刀工
粟田口吉光の太刀で、現在は皇室御物になっている
「一期一振」の写。
その古風な京反りの美しい刀身を、
表裏に掻き通しの長い棒樋や
直刃調で小乱れの繊細な刃文はもちろん、
豊富秀吉が磨り上げた時に元の銘を切り出して嵌め込んだという
茎(なかご)の様子まで忠実に再現しました。

そして、実物は拵が残っていませんが、
歴代オーナーで最も有名な秀吉公の派手好みにちなんで
時雨塗りの金彩が踊る赤鞘に華やかな真鍮無垢の透かし鐔を合わせ、
黒水牛角や黒染め真鍮の刀装具で締めた
華麗にして勇壮な打刀拵に仕上げています。
ぜひ上の画像をクリックして詳細をご覧ください(^ω^)/


粟田口吉光は専ら短刀を手がけた刀匠で、
生涯でただ一度打った太刀が「一期一振」と言われていますが、
実はちょっと違う様です。
実際には「櫂切り吉光」、「御刀吉光」など
数点の太刀が存在したことが書物などで伝えられていて、
「一期一振」は太刀を一作しか鍛えなかったという意味ではなく、
生涯最高の一作という意味で名付けられたのではと
言われています。
実際、吉光作と断定される太刀は
「一期一振」しか現存していない様ですので、
おそらく他の太刀が歴史から消失してしまった江戸時代以降、
生涯一作という尾ひれがついたのかも知れませんね。

さて歴代の為政者の元へ伝来して来た中で
元は85.8cmあった刀身を豊臣秀吉によって68.78cmに磨り上げられた、
というお話も有名ですが、
これも実は史実かどうかわからないのだそうですよ。

享保名物帳には
大阪城落城で焼けて再刃された際に切り詰められ、
額銘が入れられたという記載があるそうで、
他にも秀吉公の亡くなった時点では
茎(なかご)は生ぶのままだったという記録もあり、
そもそも生前に刀装具を後藤祐乗のものに取り替えさせた時にも
磨り上げ後の寸法の記録が残っていないとのことから
史実ではないとする説が有力みたいです。
徳川の世に移った後は、自然世の中は
豊臣家の評判を落とす風潮になってしまったわけですから
秀吉公ディスりネタのひとつとして広められた
お話なのかもしれません。

ちなみに「額銘」とは、茎(なかご)に元々ある銘を切り取っておいて、
磨上げした後に額のように銘を嵌め込み戻したもので、
入銘とも呼ぶそうです。

銘

今回の一期一振 写では、そちらも律儀に再現しました。
銘は「犬吉」ですけれど(^ω^;)↑

いずれにせよ鎌倉時代以前の古刀は
当時の記録メディアが脆弱すぎたためか、
現存が奇跡としか思えないほど
その存在が伝説化してしまっていますから、
所説紛々なのは仕方がありません。
そうだからこそ、皇室の宝物や国宝・重文として相応しい
御刀なのだとも言えるのでしょうね(*´ω`*)。

そんなこんなでお疲れかもしれない いち兄に、って思ったのか
犬吉さん、手慰みに んまそうな3色団子を作ってましたので
もしよろしかったら、ご落札後に「ブログ見ました」って
お伝えください。
こちらお付けいたします〜。↓
団子1団子ぱくぱく

え、いらない!? Σ(・Д・;)




今回の背景は、明るい緑がさわやかな夏のもみじ葉。
すごく葉の詰んだ枝だったので、なんだか蔦のようですね。
庭撮りの際に御刀の下に敷いてみましたら、
この「一期一振 写」、ワサワサの葉っぱの上にギリギリ乗りました。
犬吉さんのSD用日本刀が
見た目よりけっこう軽量なのがお分かりいただけるかと(^ω^)。



そして撮影衣装は、
手持ちの江戸装束ではちょっと地味すぎるので
平安の男単と奴袴を合わせて気持ち鎌倉風味にしてみました。
なかなか縫い物の時間が取れないのですけど
ちゃんとした直垂や侍烏帽子なんか作りたいですね〜(´ω`*)
あっ
派手柄やダークカラーなら、江戸時代の武家装束でも
きっと似合うと思うのですよ。
もちろん洋装の軍服などもアリです(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/439-a5a45be0