categorySD用 日本刀(御守刀・短刀)

●SD用日本刀 短刀「想 薬研藤四郎」「厚藤四郎 写」

trackback0  comment--
漆を扱うにはちと難しい
梅雨の季節が始まってしまいましたが
少し前から同時製作していた短刀二振が
先日無事に仕上がりました。



今作は、鎌倉時代の刀工・粟田口吉光の代表作であり
本能寺の変で消失したと言われる「薬研藤四郎」を
享保名物帳のデータから可能な限り再現した
「想 薬研藤四郎」と・・・



同じく粟田口吉光作で現在は国宝指定されている
「厚 藤四郎」の写です。

「想 薬研藤四郎」は、身幅・体配とも尋常な平作りの刀身に
粟田口の典型と言える匂い口の深い直刃文を入れ
本鮫皮を丁寧に貼り付けた出鮫(いだしざめ)の柄と
黒漆の呂色塗鞘の対比が美しい古風な拵。

「厚藤四郎 写」は、通常ドール用の御守刀や短刀には使わない
大刀用の分厚いアルミ鋼材を使って鎧通しの重ねの厚さを表現し、
現存する「厚藤四郎」の姿と刃文を忠実に写して
紺糸巻きの小洒落た拵に包みました。

どちらもヒ首(合口)拵ではなく、極小鍔のある短刀拵となります。
上の画像をクリックしていただくか、または
出品リストより各作品の詳細をお確かめ下さい!(^ω^)/


そして、オークションページには載せられなかった
二刀の厚みの比較写真もどうぞ。↓
重ね

↑左上が薬研、右下が厚です。
棟(峰)の厚さの違いがお分かりいただけますでしょうか。
ハバキの呑口(切り欠き)の広さも
ご覧になって下さいね。

犬吉さんは通常、短刀全般には
2mm厚さのアルミ鋼材を使うのですが、
今回の厚藤四郎写に限っては、
大刀に使う3mm厚のアルミ鋼材を使っています。
大刀は実物通り、概ね鎬作りですので、
棟の稜線が狭くなり
刀身の大きさも相まって3mmでも厚ぼったく感じられませんが
短刀は基本平作りですから、鋼材が厚いと
けっこう嵩があるように見えますね。

さて薬研の見所は、今回も使いました本鮫皮の柄。
糸巻きが無い柄は出鮫(いだしざめ)と呼ぶそうですが
本物の鮫皮はとても硬く、厚みも1〜2mmあるので
ミニチュアであるドールサイズの御刀の柄に仕立てるのは
ちょっと技術が要るみたいです。

YagenT-12.png

↑革の端は実物の御刀の通り、
差し裏の中心で打ち合わせています。

この打ち合わせ方は糸巻き拵の御刀でも同様で、
上か下か、柄巻きで隠れて見えない所でいいんじゃ?と思いますが
実刀では小端は上下とも握ると力のかかる場所ですので
一番力のかからない柄の真ん中、そして通常は目に触れにくい真裏に
継ぎ目を設けるものなのだそうです。
ちなみに模造刀では一体整形されたプラスチックだったり
本鮫皮でも柄巻きの菱目から見えるところのみ使われて
差し裏に継ぎ目がなかったりします。


ところで、乾 犬吉は御守刀から人形刀匠を始めて、
小太刀を含め、今まで結構な数の短刀を作って来たのですが
短刀での名刀写しは、実は今回が初めてです。
こんな機会がおとずれたのも、
「刀剣乱舞」で粟田口の短刀たちの魅力に
犬吉さんがどっぷり浸かってしまった賜物ですね(^ω^)。




今回の撮影で背景に使ったのは、
ちょうど花の盛りの南天。
昨年末にも「大倶利伽羅廣光 写」の背景に使いましたが
あの時は真っ赤な実がなっていました。
南天ってこんな涼やかな花をつけるのですね〜(´ω`*)
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/438-f78f2cd9