categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大刀「山姥切国広 写」

trackback0  comment--
ちょっとご無沙汰になりましたが、打刀の大刀を出品しました。
今回は、堀川国広の最高傑作「山姥切国広」の写しです。




刀匠・堀川国広が活躍したのは安土桃山、つまり戦国時代。
その頃ポピュラーになって来たのが
現代においてざっくり「日本刀」と呼ばれている
打刀(うちがたな)なわけですが、
その中でも黒漆拵は戦国の御刀を代表するスタイルです。

今作は、重要文化財として現存する「山姥切国広」の
腰反り高く切っ先の細い特徴的な刀身を
表裏に掻き通しの棒樋や丁子乱れの刃文もそのままに
スーパードルフィースケールで再現し、
戦国時代らしい黒漆の鞘に、古正阿弥風の海鼠鍔と
唐草花文様の繊細な刀装具をあしらって
実戦的でありながら、さりげなく高貴なイメージの
洒落た御刀に仕上がっています。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧ください。(^ω^)/


さて「山姥切国広」といえば
鎌倉時代の名刀「山姥切」の写しとして今や有名ですが、
信濃戸隠山中の山姥なる化け物を退治したというその御刀は
備前長船長義の作、つまり
「山姥切国広」は長船派の備前刀の流れをくむわけで、
道理で新刀時代に作られたにしては
太刀風の腰反りがクワッと深いスタイルなのですね。

ちなみに備前長船長義の作には
兜ごと八の字に切り捨てたと言われる「八文字長義」等もあり
とにかく良く切れる御刀を作った人だそうで
長船派の備前刀の最大の特徴である
力強く踏ん張った鍔元からふわっと軽やかに伸びる曲線が
その切れ味の秘密なのでは、と思われます。

などなど調べていて知った、ちょっと面白い話。
長義作「山姥切」には、国広の銘が入っているのです。
南北朝時代より北条家に伝来し、
安土桃山時代に長尾顕長に下賜された4年後、
写を製作した国広が長尾顕長の依頼によって銘打ちをした事が
「本作長義天正十八年庚寅五月三日二九州日向住国広銘打
天正十四年七月十一日小田原参府之時従屋形様被下置也
長尾新五郎平朝臣顕長所持」
と、茎(なかご)に事細かに刻まれているそうです。
写の「山姥切国広」は、本歌の「山姥切」と
銘切りによってリンクされているのですね!

YamanbaK-14.png

この備前長義お得意の
切っ先から茎(なかご)の端までズバッと入った長い棒樋も
見る角度によって顕幽する刃文の丁子乱れも
犬吉さんいつもに増して苦心したみたいですが、
「写にして堀川国広の最高傑作と言われる刀身を
犬吉最高傑作になるよう写すよ! }ノ(・Å・)ヽ」

とかややこしい事を言いながら頑張りましただけに
毎回犬吉さんの作品を見慣れてるトリコも
「おおっΣ(°ω° )」と思うくらい
エクセレントな出来栄えの刀身となっています。

もともと飛び抜けて秀逸な御刀である「山姥切」を
相州正宗に並ぶ天才といわれる国広が精魂込めて写したという
いわばパータッチの法則で生み出された最高の写しなのですから
そっくりに作れば素晴らしくなるのは当たり前では
あるのですが。。。(^ω^)


ところで今作は、打刀拵では初めて本鮫皮を柄に使いました。
前回のSD用「小狐丸」でも紹介しましたとおり
あのツブツブはカルシウムで出来ていて骨のように硬いのですが
お湯で地の皮を柔らかくすれば少し扱いやすくなるという情報を得て
太刀より小さくなる打刀の柄にも使用してみたものの、
やはりお人形スケールで収まりよく柄に仕立てるのには
けっこう難儀した様です。

しかし本鮫皮を使ったことで柄に重みが増して
重心バランスが良くなったのでしょうか、
うちの関節の緩いモデルSDさんにこんな風に持せても
刃長30cmを超えるこの長い刀身を水平にキープできたのには
驚きました。↓



う〜ん、本鮫皮、アリですね!(;`・ω・´)*
特に今作のように鍔がアルミ鋼の削り出しの場合は
真鍮鍔の時より柄が軽くなりがちですので
柄の比重増は具合が良かった様です。




6月の代表花である紫陽花を目貫のモチーフにした事だし、
撮影にはぜひ山紫陽花を・・・と思ってましたら
こちらではまだ蕾でしたので
今回は散歩道で見られる山野の草花をいただいて来て
背景に使いました。
白い小花はテリハノイバラ、
ピンクの花はヒルガオですが
もうひとつ、ハート型の葉っぱが涼やかなこの植物が正体不明。

150609-この木なんの木

桂の幼木かと思ってましたが葉が互生なので違いました。
田舎には、街暮らしでは見た事もない植物がたくさん見られ、
お初のものをみつけるたび、いつも検索して調べるのですが、
ネットでは情報が少なく、写真も撮る方によって印象が違ってて
なかなか同定ができません。
やはり写実的なイラストで植物体がシンボリックに表された
昔ながらの図鑑の方が頼りになりますね。

なにせ可愛いのでテリハノイバラと一緒に庭に移植したいのですが、
挿し木がうまく着くかしらどうかしら。。。(・ω・;)

YamanbaK-05.png
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/437-824d070f