categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 太刀「小狐丸」

trackback0  comment--
平安の太刀なんかあと1000年は作らない!
なんて言った舌の根も乾かぬうちに
また作ってしまいましたね、犬吉さん。
唐鍔と兵庫鎖太刀拵を一度作ってみたかったそうなのですが
やはり産みの苦しみを忘れていただけで
製作にはかなり難渋した様です(^ω^;)。



今作は、三条小鍛冶宗近が打ったと伝えられる
伝説の太刀「小狐丸」を
自称人形刀匠・乾 犬吉のセンスで
ドール用「小狐丸」としてお作りしてみました。
現物が存在しませんので写しではありませんが
ちゃんと伝説通り、茎(なかご)の差し裏に「小狐」と
号が切ってあります。



同じ刀匠の現存する国宝「三日月宗近」より
豪壮かつ優美な刀身の姿と繊細な小乱れの刃文を忠実に写し、
古式ゆかしい兵庫鎖太刀拵に仕立てました。
そして今回は初めて、太刀ならではの刀装具「尻鞘」も付属。
狐の尻尾みたいなモッフモフにお作りしました。
どうぞ画像をクリックして詳細をご覧ください!(^ω^)/


いつもなら「小狐丸 写」とか「想 小狐丸」として
号を他に付けるところなのに
堂々と「小狐丸」を僭称することにしましたのは、
「刀剣乱舞」全盛の昨今のことですから
お詳しい方も多いと思いますが、
実は「小狐丸」と呼ばれる御刀が複数存在するからなのです。

●摂関家伝来の儀仗太刀
●春日明神社より九条家に渡った影打ち
●信西入道所持の宗近作
●石上神宮の義憲作
●石切剣箭神社の小太刀
●甲斐武田氏の「江草子狐」

と、ざっと6振りの歴史ある「小狐丸」の存在が伝えられ
うち石上神宮「義憲作」、石切剣箭神社「小狐丸」の二刀は現存、
摂関家、九条家の「小狐丸」も、かつての実在が確認されていますが
いずれも三条宗近が稲荷のお使いと共に作った
真打の「小狐丸」とは別物。
小狐丸の伝説は能や謡になり語り継がれましたから
各地で「俺ザク」のごとく
小狐丸にインスパイアされた御刀がたくさん作られた様です。

ならばドール界の小狐丸があっても良いのではないかと
お人形にとっては本物の御刀をお作りしているつもりの犬吉さんは
考えました。
そんな「おらが小狐丸」、お迎えいただけました暁には
「貴家の小狐丸」となります。


さて、今回の兵庫鎖太刀拵えですが、

Kogitsunemaru-13.jpg

柄巻きのない柄と漆塗りの鞘の側面を金属の覆輪で挟み
足金具と太刀緒を複数本の鎖で繋ぐスタイルで
正しくは
長覆輪兵具鎖太刀拵(ながふくりんひょうぐぐさりのたちこしらえ)
と言いまして
鎌倉時代の「厳物造(いかものづくり)太刀拵」の一種です。

今回は「三日月宗近 写」の時よりも赤みを差した
金梨地の鞘にしました。
いつもなら御刀の柄には鮫皮っぽいツブツブ質感のクロスを貼って
柄巻きをしていますが、
この地が露出する厳物造の柄には、
ちょっと奮発して本鮫皮を着せています。

日本刀の柄には滑り止め効果の高い鮫皮がよく使われますが、
これは実はエイの革で
本鮫皮、といえば皮革業界ではエイ革を指します。
あのブツブツはカルシウムで出来ていて、
とても硬く加工が難しいものです。
本来なら革の真ん中にある大きな親粒(スター)を
柄の真ん中に配置するものなのですが、
お人形スケールではあまりに大きくなりますので
端っこのツブが小さくて綺麗に揃った部分を使いました。

Kogitsunemaru-26.jpg

それに飾り鋲をあしらい、
唐草花を浮き彫りした真鍮の長覆輪で挟み
複雑な構造の留め具を自作した柄頭には
総角結びの手貫緒を下げました。
手貫緒(腕貫緒)は戦いの最中に刀を落とさないよう
手首に結ぶための紐だそうです。

厳物造は武者のための実戦的な拵ですが、
鍔は平安時代に主に儀礼に用いられたという
唐鍔(分銅鍔)を合わせてみました。

Kogitsunemaru-27.jpg

唐鍔はその名の通り大陸様式の刀装で
上下に張った分厚い分銅型のヒルトの側面に
輪っかが生えているという複雑な構造をしていて
はばきや切羽も分銅の形に合わせてW型になっているのが
なんとも異国的です。

これだけのカサのものが総真鍮製なので重いですが、
太刀は刀身が長いですので
お人形に持たせると、意外に良いバランスで
ポーズをキープすることができます。
鍔は切り結んだ時に敵の刃から手を守るだけでなく、
刀を重く感じさせない
バランサーの役目も果たすのだそうです(^ω^)。


Kogitsunemaru-20.jpg

今回また、新しい撮影用衣装を縫う事ができました。
布は淡いブロンズ色のシルクシャンタンです。
「三日月宗近 写」のときに誂えた、あの狩衣の下に着せる
男単というインナー的なお着物が必要でしたので
「小狐丸」の時こそは!と間に合わせたのですが
侍装束の直垂のようにも見えるかな?と思い
狩衣無しで撮影してみました。

そして背景は、庭中でもっさり茂っているカナメモチの花枝。
庭木としてはポピュラーなバラ科の低木で、この季節、
ノイバラやイチゴの花を1/6にスケールダウンしたような
可愛い白い花が房になって咲きます。
今年はかなり剪定しないといけませんので
背景にふんだんに使って
お使い狐が潜んでいそうな藪を演出してみました(^ω^)。
秋冬には真っ赤な実が生りますので
今年中にまたカナメモチの出番があるかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/436-2d46bcd7