categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大刀「鳴狐 写」

trackback0  comment--
前回出品のドール用日本刀は、
最近は専ら「たぬき」と呼ばれがちな同田貫でしたが、
本日の出品は「キツネ」です。




今作は、鎌倉時代の刀匠・粟田口国吉の作で
現在は重要文化財指定を受けている「号 鳴狐」の写。
かなり身幅のある平造りの刀身を、
ゆったりと湾れて切っ先で乱れる焼き入れ紋様と
その中に顕幽する直刃紋とともに忠実に再現し、
黒漆の打刀拵には真鍮製の刀装具を多用した
やや古風ながら実戦的な剛の御刀に仕上がっています。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をお確かめ下さい!(^ω^)/


「鳴狐」が、まだ太刀が主流だった鎌倉時代に
その後隆盛を極める「打刀」として作られたというのは
今や「刀剣乱舞」のおかげですっかり有名なネタですが、
この御刀は日本刀の中で現在最も主流と言える一般的な打刀とは
かなり様子が違っています。
「平造り」というのは別名「短刀造り」とも言うそうで
刀身には鎬(しのぎ)が無く、
いわゆる「帽子」を形成する横手筋や小鎬筋、三ツ頭などがありません。



騎馬で振るう太刀と違って、打刀は歩兵のために発達した刀ですから
古い時代では、比較的身分の低い兵がよく使った武器のはずで
現存する遺品がとても少ないのでしょう。
短刀を大きく厚く長くした様な、当時珍しいこのスタイルが
まずは打刀の走りだったのかも知れません。
時代が下り、騎馬戦から徒歩(かち)戦に戦の様相が移る頃には
太刀の優れた形状が打刀に反映されて行ったのでしょうね。

そんな古い時代の打刀が、大名家に大切に伝わっていたからには
「鳴狐」はそれ相応の高貴な人物の持ち物であったと思われますが
その号の由来はもちろん、
山形藩秋元家より以前の伝来もよく分かっていない様です。
でも謎が多い分、ファンタジーが広がっちゃう物件ですよね(^ω^)




今回また撮影用に新しく着物を誂えました。
「蛍丸 写」で御刀袋に使ったシルクシャンタンなんですが、
レンガ色とミントグリーンの交織なので
光の具合で色んな表情を見せてくれる面白い布です。

商品写真ではSDさんにお袴を履かせることが多いので
いつも男着物は袴下と呼ばれる膝上までの物を縫うのですが、
江戸時代の御刀を着流し姿でご紹介する機会もあろうかと思って
今回は長着にしました。
長着はお袴の下で尻からげにして着せるので
お袴にボリュームが出ますね。
これはこれで、構えががっしり見えて良いかも。。。(^ω^)


150426-山吹

背景に使ったお花は、八重山吹。
今年もまた散歩コースの山道から頂いて来ました。
撮影後は短いブーケにして屋内に飾っています。
水切りすると結構保ちの良い花みたいです。
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/435-5a9d2981