categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大刀「同田貫正国 写」

trackback0  comment--
4月も半ばが来ようとしていますが、
4月といえば、手前味噌ながら自称人形刀匠・乾 犬吉が
はじめてドール用日本刀の大刀を作出した記念月。
今月最初の出品は、作刀2周年記念感謝モデルということで
恒例の5円スタートです!(^ω^)/




今作は、戦国武将・加藤清正のお抱え刀派「同田貫」の
初代刀匠の作と言われる「同田貫正国」の写となります。
身幅が広く反りの浅い豪壮な刀身には、「三日月宗近 写」の打ち除けや
「加州清光 写・大和守安定 写」で培った
超リアルな刃紋入れの特殊技術を盛り込み、
呂色と石地に塗り分けた黒漆の鞘は小柄仕込み。
虎の意匠で揃えた鍔・目貫・小柄より他の刀装具は
あえて黒染めの無地で激渋にまとめた、なかなか男前な御刀です。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧くださいませ〜(^ω^)/


刀剣大好き男子の例に漏れず、同田貫も結構お好みな犬吉さん、
「日本刀大小『黒曜』」「薙刀『窕月』」の他、
「同田貫風」のオリジナルなど
今までにも数点 同田貫写を作って来ていますが、
それらはいずれも正国の後年の銘である「上野介」の作を
写(または参考に)しているのだそうです。
同じ刀派どころか同じ刀匠ですら、年代や発注主のオーダーによって
作風が揺らぐのは良くある事ですので
この正国写しも、今まで手がけた同田貫とはまた別の見所が満載なはず。

特に今回こだわったのは、繊細な互の目小乱れの二重刃紋。



通常、上のように焼き入れ部分に潜んで見えにくい刃紋が
見る角度によっては↓



こんな風に顕幽するのが、本物の御刀さながらですよ。

以前の上野介写でも二重刃紋には挑戦していますが
今回は輪をかけてリアリスティック。
ぜひ刀身をお手に取って、光にかざして見ていただきたいです(^ω^)。


そして今回もう一つの目玉は、小柄仕込みの拵。
たいへん細かい作業になるため、あまり頻繁には作らない豪華仕様です。

Dotanuki-小柄と小柄櫃Dotanuki-小柄-銘

マッチ棒よりやや大きいこの小柄、
本物同様、柄と刀身に分解でき、刀身には刃紋や銘も入っています。
写真には写っていませんが、柄の中には本物よろしく
刀身を固定するための小さな藁のスペーサーが入っていますので
無くさないようご注意願います。
まあ無くしても紙を切って挟めばよいのですが・・・なにせ小さいですので(^ω^;)


ところで今回の撮影は、ぜひとも
「たたっ切ってやる!」でおなじみ「破れ傘刀舟〜」のイメージで行きたくて
和傘を作りました。

Dotanuki-和傘1

と言いましても、市販のミニチュア和傘の平紙を剥ぎ取り、
骨を黒漆で塗って、無地の和紙を貼り直し、
防水に薄めた透明漆を塗っただけの簡単クラフトです。

そして、お線香で破いてヨゴシ入れるつもりでしたが
犬吉さんが「破れ傘はやめてービンボ臭いー ノ(TÅT)ヽ」
って泣くので、
まあ小柄仕込みの豪華仕様でそれはナイか〜と思い直し
今回はこのまま使ったのですけど、
撮影中、外れた骨が平紙を突いて、ホントに破れ傘になっちゃいました。
小さい傷なので写真には写りませんでしたが(^ω^;)
そんなわけで、この和傘は商品には含まれませんので
ご了承ください。

関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/433-1778fdb7