categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大刀「加州清光 写」「大和守安定 写」

trackback0  comment--
久々に打刀を製作しました。
桜の開花が始まって浮かれ気分ってわけでもないのですが、
初めて大刀を同時に2点、出品させて頂きます。





今回写しました「加州清光」「大和守安定」はどちらも
新撰組一番隊組長・沖田総司の実際の愛刀として有名です。
「清光」は小豆色に金を散らした梨地の赤鞘が艶やかな半大刀拵、
「安定」は車透鍔と黒鞘が渋い打刀拵。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧ください!(^ω^)/


「加州清光 写」の方は、犬吉さんが
新撰組の愛刀ラインナップを始めた去年から
刀身を削り出して置いたものなのですが、
今年に入って「刀剣乱舞」を遊んでいるうちに
「大和守安定」の方にも興味が湧いたみたいです。
犬吉作人形刀剣の中でも大刀は手間のかかる品物ですし
なにより犬吉さんが飽きっぽいので
なかなか二振り同時製作っていうのは普段難しいのですが、
作り置きの刀身があった事と
春は漆の乾きが良く製作効率が上がることもあって
今回の同時出品が叶いました。

清光と安定、刀匠はそれぞれ加賀と武蔵国出身で
同じ江戸時代・新刀の時代ながら活躍した年代も違い、
刃紋も今回写した物に限って言えば
前者はほぼ直刃、後者は互の目丁子乱れと
それぞれに特徴がありますが
やはり持ち主が同じでお好みが出るせいか、
両者の刀身のフォルムはとても似通っていて
どちらも作風は虎徹に近い様です。
やはり沖田総司も御刀の好みは
近藤隊長の影響大って事だったのでしょうか。(^ω^)


さて、自称人形刀匠・乾 犬吉さん
毎回なにかしら新しい試みを取り入れて御刀製作してますが、
今回は刃紋にこだわりました。

実はあまり知られてないようなのですが
通常、刃紋と思われている刀身の刃側の白っぽい部分・・・
焼き入れ前に熱効率を高めるため泥を塗る部分であり
多くは波状、物によってはまっすぐだったり
戦国時代に大量生産された村正などはよくマダラだったりしますが、
実際の御刀では、焼き入れ部分の形=刃紋ではありません。
あの白っぽい領域の内側にあるのが本来の刃紋で、
刀身の外側の鉄から、中に包み込まれた玉鋼の露出する境界線であって、
正面から写真に撮ったくらいでは
なかなか確とは見えないものなのです。

刃紋

今回の二振りでは、前々回出品しました
「三日月宗近 写」の三日月の打ち除けを再現した技法をさらに練って
焼き入れ部分の中に、見る角度や光の具合によって
本来の刃紋とされるラインが顕幽するようにしてみました。

この技法が今後のスタンダードになるかどうかは
例によって犬吉さんの気分次第ですが、
これはなかなかに通好みな事になったのではないでしょうか。


Yasusada-13.jpg

ところで、今回のオークション用の画像編集中、
ファイルがごっちゃになるといけないから
「清-鍔1」とか「安-縁頭2」とかってファイル名を付けてて
はじめて気がついたのですけど、
「安定」と「清光」って
コンビにすると「やすきよ」じゃありませんか。

「怒るでしかし!」ってとうらぶファンが誰もつっこんでないのは
もう昭和がはるか遠くなったという事なのね〜(TωT)。

ツイッターなど見てましたら
カップリング名称としては「やすきよ」などと呼ばず
皆様「あんみつ」と言うのだそうで、
さすが女子!
昭和のおっさん脳なトリコは感心するばかりなのでした(^ω^;)。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/432-4c4bc310