categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大刀「大倶利伽羅廣光写」

trackback0  comment--
先日ツイッターで予告しておりました
伊達政宗ゆかりのドール用御刀を本日出品しました。



今作はまたまた新しい技法に挑戦。
伊達家伝来の名刀「大倶利伽羅廣光」をイメージした
なんと倶利伽羅竜の刀身彫りが施された御刀です。
拵えは戦国時代の打刀拵えを代表するシックな黒鞘ですが
真鍮の栗形に鯉口・鐺(こじり)も真鍮を着せ、
真田紐風の派手目の下緒を結んで
柄紐は爽やかに白糸で巻いた洒脱な拵えにしました。

そして伊達政宗と言えば右目の刀鍔眼帯。

以前、アルミの削り出しで単品の刀鍔眼帯を作った事がありましたが
今回は本革を弾性のある塗料の金彩で端処理し
倶利伽羅竜を対の竜図に起こした真鍮のレリーフ板をあしらいました。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧下さい!(^ω^)/

さて伊達政宗公は大藩のお殿様なので、
数々の名刀をお持ちだったのですが
中でも鎌倉時代の刀匠「相州住廣光」が打ったと伝わる
「大倶利伽羅廣光」は
伊達家伝来の宝刀というばかりでなく、
刀身に倶利伽羅竜の彫りがあることでも有名です。
こちらは現存しており、重要美術品指定を受けていますが
滅多に公開される事が無いらしく
現物の写真資料を見つけることが出来ませんでした。

ですので、現物の仕様を綴った記録より
差し表に腰樋、差し裏に南北朝時代の倶利伽羅竜を彫り、
刀身は現存の廣光作と伝えられる一振りから
互の目大乱れと呼ばれる特徴的な刃紋を写して
タイトルを「大倶利伽羅廣光写」とさせていただきました。



ところで、我々現代っ子がやたら格好いいと感じてしまう
刀身彫りですが、
本来は傷などの難点を隠すために彫られていた装飾で、
実戦刀としては強度が落ちるのだそうです。
古刀の太刀であり歴史的由緒もある「大倶利伽羅廣光」が
重要文化財になってないのは、そのせいでもあるのかも。
でも、倶利伽羅竜が彫られる前は
戦国時代の数々の実戦に使われたと思われますし、
その合戦傷を隠したものなら
そちらの方が、傷一つない美術刀よりも
断然価値があって格好いいと思うのですけど(^ω^)。
きっとそんな思いから、
沢山の家宝の御刀の中でも
伊達家のフラッグシップモデル的な扱いだったのでしょうね。

ちなみに今回、犬吉さん初めてこの刀身彫りに挑戦したのですが
やはり一筋縄ではいかず、刀身を一振りダメにしてしまいました。
そのせいで一週間ほど出品が遅くなった次第(^ω^;)。



背景の小物を何にしようか、と迷っているうちに
紅葉はきれいに散ってしまいました。
今回の背景は、そこここで実が赤く色付きはじめた南天。
スタイリッシュな樹のたたずまいと涼やかな葉影、
赤い実の差し色がお洒落な南天は
伊達政宗のイメージと遠くはないと思うのですが、どうでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/424-4d50ba8f