categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀「月痕」長曽祢虎徹写/小柄仕込

trackback0  comment--
ハ〜イ!シルクドパピヨンの刀を作らない方、トリコです。
本日、長曽祢虎徹写しの大刀を出品しました。




反りが浅い広直刃の剛剣が多いと言われる虎徹ですが
今作が写した現存の最上作大業物は太刀風の特注品らしく
程よい反りがあり、切っ先に向けて身幅がやや細くなる
古風な姿をしています。
実物は刀身だけで70cm超、ということは
拵えが付くとかなり豪壮になると思われましたので
全長41.6cmと、SDサイズでは最長クラスの御刀に仕立てました。

そして鞘はお初にお目にかけますスタンダードな「時雨塗り」。
月の異名である今作の号「月痕」の語感に相応しいクールな見場と
ちょっと意外な手触りの良さも魅力です。
とゔぞ画像をクリックして詳細をお確かめ下さい(^ω^)/

今回は虎徹写しを出品するよ〜、と犬吉さんから聞いたとき、
ねえねえ、やっぱアレなの?
鞘をまっちろ x ライムグリーンに塗って
『やわらか銀行』とかってロゴ入れるの?(;゚∀゚)=3=3
などと、つい最近タイバニに脳を汚染されたトリコは
考えてしまったのですが

なんと今回の虎徹は兎づくしの拵え。
虎 & 兎!

や、別段ドコを狙ったとかいうのではなく
今回の拵えはどうしようかな〜と、ふと兎でググってみたら
とっても粋な透かし彫りの鍔をみつけたので
写してみたくなったのだそうです。


ウサギがお餅つきをしているこの「月兎図」は
昔から御刀の拵えに多く使われたデザインらしく
同じ構図で様々な透かし鍔が残っています。

兎ってとにかくカワイイ代表って生き物ですが
意外にも御刀の拵えにはポピュラーな題材で
他の金具類にも様々な兎デザインが伝わっていますよ。

なので今回、目貫も兎で誂えました。こんなの→‾‾(⁰▿⁰)‾‾
日本の兎の伝統意匠は耳が真横に寝るのですね〜(^ω^)。

↓縁・縁頭・小柄にも、秋野に遊ぶ兎を彫金しています。


そうそう、今回は小柄仕込みの豪華仕様なのでした。
鞘の小柄櫃に納めた小柄は、実物同様、ちゃんと鍔を通ります。
ドール サイズの御刀に小柄を付けるのは、
かなりテクニカルで難しいのですよ。でも犬吉さん小柄スキなのよね(´ω`*)


小柄は、これも実物通り分解可能。
刀身には刃紋も入り、茎(なかご)に銘も入っているという念の入れよう。
どんだけ小柄スキなんでしょね(´ω`*)

小柄は時代劇ではもっぱら手裏剣の様に使われてますが
実際は、茶杓など小さな木製の日常小物を
随時加工するのに重宝されていた様です。
なので、今回はお侍さんの手慰み代表・竹トンボをお付けました(^ω^)。
Tsukiato-12.jpg
撮影小物としてお楽しみいただけましたら嬉しいです。

撮影と言えば、今回は遊びました!
最近忙しくてお着物も縫えないし、画面マンネリよね〜と話してたら
犬吉さんが隣の竹薮から竹を切って来て、
撮影セットをこさえてくれまして(^ω^)

紅葉も庭木の剪定枝です。
秋も深くなると見事に紅葉しますから、
また機会があれば撮影に使いたいな〜**

何でもちょっと目新しい事を取り入れると、気分が上がるものですね♪
そんなこんなで、いつになく長い記事になりました。
See you!!! (^ω^;)/
関連記事
スポンサーサイト
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/417-c8189e4f