categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀(大刀)「叢雨」

trackback0  comment--
先日、犬吉さんに頼まれて加賀の純金箔を取り寄せたんですけど
一体何につかうの?(°ω°;)と思ったら
↓こんなんなっちゃいました。




本日出品のこの雅やかな大刀は
「南総里見八犬伝」に登場する架空の宝刀「村雨」をイメージして
作られました。
作中で「抜けば玉散る氷の刃」と謳われる刀身を
涼やかで瑞々しい小乱れまじりの互の目刃紋で表現し、
また「三尺の氷」との言及から
三尺刀(刀身の長さ90.9cm以上=大太刀)をSDスケールにした結果、
全長42cm超という、今までで最長の大刀になりましたが、
宝刀の趣きを添える拵えの造りはとても繊細優美。
どうぞ画像をクリックして詳細をご覧下さいませ〜(^ω^)/

さて純金箔がどこに使われたのかというと、
そう、鞘の漆塗り。
太刀拵えをはじめ、古い時代の御刀によく見られる
「虫喰い塗り」と呼ばれる変わり塗りです。



ヘチマを使って塗った漆に金箔をかぶせ、さらに漆を何層も塗って
まだら模様を研ぎ出すという高等技術で
何がいちばん大変かって言いますと、
手でそっと触れただけで破れたり、一度ヨレたら戻らない
金箔の扱いがえらい難儀なんだそうです(^ω^;)。

凝ったのは鞘の塗りだけでなく、
はばき・切羽(2枚)・縁・縁頭・目貫(2個)・鯉口・胴金・鐺
そして栗形と、実に11カ所もの部品が真鍮製で
正阿弥の「天地猪目一引透鍔」を模した透かし鍔、
柄紐は本革という豪華仕様。
下緒も真田紐風の粋なストライプの平打紐をみつけたので
合わせてみました。

今回の作刀のために想を得た「八犬伝」の村雨丸は
室町時代の鎌倉公方足利家伝来の宝刀、という設定ですので
おそらく鎌倉時代以前の古代に作られた御刀で、
作中での拵えも太刀拵えではないかと考えられますが、
ここは犬吉さんのセンスで、あえての打刀拵えになりました。
理由は単純に
お人形に和服を着せる方は、大多数が江戸時代以降の着物を
ご愛好だと思うから。
太刀拵えの御刀を吊るすには特殊な佩刀帯が必要ですし。
あの鐺が上に反ったスタイルは
衣冠束帯や狩衣でないと、なんだか似合わないですよね。

村雨丸がもし現実に在ったら、時代を超えて
こんな拵えも誂えられたんじゃないかしら・・・と思わせるような
貴族的な太刀の雰囲気を残した
実用的な打刀の拵え、
というのが今作のコンセプトです。



先日、ずっと作りたくて裁断だけしておいた
モデルドール用の赤い男物半襦袢をやっと縫い上げ、
返す刀で白の袴下も新調し、今回の撮影に使いました。

昨年初めて白ブロードで試作した男もの長着を
ずいぶん長いこと撮影で使っていましたが、
袖下位置が低過ぎたり、SDさんには繰り越しが足りなかったりで
着付けがしにくかったので、
今回は綺麗な綿サテンを使って、理想寸法で仕立てました。
綿サテンはシルクよりテロテロしないので
とっても縫いやすくて大好き(*´ω`*)。



そして今回の庭撮りは、ON THE カボチャの葉っぱ。
蔓草の這う大きな丸石が大体いつもの定位置だったのですが、
今月はあまりに草蒸していたので、苦渋の場所替えです。
なかなか適当な場所がみつからなくて
家庭菜園の片隅から、何もしてないのに大量に生えて来たカボチャの
大きな葉っぱを舞台にしてみました。

いつものスタジオは
また綺麗に草取りと掃除をしてから復活させます(^ω^;)。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/411-cf8f4b37