categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀「影髏」村正写し

trackback0  comment--
スーパードルフィー用の日本刀(大刀)を出品しました。
「兼定写し」以来の打刀拵えの大刀ですが、今回は村正写し。
刀身に狂気的な乱れ刃紋が交錯する、妖刀仕立ての御刀です。




実は村正写しは今作で二振り目となるのですが
一作目の大刀「燕」とは拵えの意匠は勿論、刃紋の様も違います。
蜻蛉の透かし鍔と目貫をあしらった
黒基調のごくスタンダードな戦国時代風の打刀拵え…と思いきや
黒漆塗りの鞘には黒染めした真鍮の栗形が嵌め込まれ、
妖刀村正の特徴である激しく入り組んだ乱れ刃紋は
焼き出しから中程にかけてはゆったりした湾れ刃紋が
切っ先めがけて荒々しく乱れる
なかなかに通好みな仕様です。
ぜひ画像をクリックして詳細をおたしかめ下さい(^ω^)/。

さて今作のテーマ、「蜻蛉(トンボ)」について。
前にしか進まない事から「勝虫」とも呼ばれ
戦国武将に愛された蜻蛉は、様々な武具の意匠として残っていますが
今回お作りした透かし鍔は、
桃山時代よ以前に作られた古正阿弥の「双勝虫図透」という鍔を
SDスケールに写したもので
同じ意匠の蜻蛉の目貫も真鍮で誂えました。

そしておまけの小物は、犬吉さんお得意の竹とんぼ(^ω^)。
こちらは当方地所(岡山県南部)で採取した孟宗竹から削り出しています。

蜻蛉の古名のひとつ「かげろう」にちなみ
影に髑髏、死線に生きる戦国の武士をイメージして
号を「影髏」としました。


ところで、今回初おひろめのこちらのモデルドール用お振袖。

今までよく撮影に使っていたレース掛け市松模様のお振袖が
(一番最初に縫って失敗したお着物なんですが)
なにせ小さくて着せ付けにくいので
そちらはMSDさんにお下がりしちゃう事にして
先日、新しい撮影用お振袖を急いで誂えましたのです。
姐御っぽいシチュエーションにも使えるようにシヴめの色柄で。

3月にガチャくて可愛い柄の舞子さん風お振袖を作り
ついこのあいだも夏の男袴を縫ったばかりですが
こちらは去年はじめてドール用の男長着を作ったとき、
残り布を振袖用に裁断しておいたもので
ずーーーっと作りたかったブツでした。
縫えてスッキリ(*´ω`*)**

とスッキリしたはずなのに、ブリがついてしまったんでしょうか、
なんだか縫いたい気分が止まりません。
ふと見れば、いつか作ろうと裁断してある男もの半襦袢用の布が・・・
あああ。男袴用にも一着分、ダークカラーの布が裁断してある!
今更チックに新選組風の羽織も裁断済み!
キケンキケン(・ω・;)。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/410-42c3ec0e