categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用 斬馬刀・小脇差 揃 「仙樂」

trackback0  comment--
ザンバー各位にはツイッターで告知させていただいておりましたが
久しぶりに大物を出品いたしました。
全長72.8cmという、スーパードルフィーの身の丈を超える斬馬刀と、
揃いの小脇差のセットです。




これまで斬馬刀、鬼太刀などの大太刀には
荒々しい、禍々しいイメージのデザインが施されていましたが
今作は、過去最大サイズの大太刀である鬼太刀「焔鬼」に迫る長尺、
最大身幅1.4cmという迫力のサイズながら
艶やかな黒漆の拵えに繊細なつくりの金属部品を多用し
小脇差とともに連鶴の意匠を用いた優美な姿となっています。
ぜひ画像をクリックして詳細をご覧下さいね(^ω^)/。

セットにした脇差が、短刀サイズの小脇差になったのには
ちゃんとした理由があるのです。
斬馬刀はその名の通り、馬をも叩き斬るという
とにかく巨大な御刀ですから、
普通の大刀や長脇差を一緒に携えても目に楽しい気がしますが・・・

和洋問わずミリタリースキーな犬吉さんに言わせると
実際の戦闘では、鞘も柄も長い大刀や長脇差を腰に差していては
両手持ちが基本でリーチの長い斬馬刀を振り回すのは
かなり困難なのではないか、と。
で、斬馬刀を思うさま振り回して邪魔にならないサイズの
小脇差を差している事で、
ロングレンジもショートレンジも対応可能という
まっことスタイリッシュな完全武装が成り立つわけです。(`・ω・´)*


さて、大小それぞれの拵えですが、
前出の一周年記念モデル「笹歌」から始まり、
「兼定写」で確立した真鍮細工の金具を最も多用した
豪華な作りになっています。
縁・縁頭・鯉口・鐺(こじり)・栗型のヒトトメは勿論のこと、
斬馬刀では艶やかな黒漆の長い鞘に2カ所、
オツなデザインの胴金も着せました。
Sengaku-14.jpg
胴金とともに今回がお初の「金着せ二重はばき」(画像右下)は
本物でも名刀クラスの拵えにしか用いられないものです。

そして今回のテーマは二羽の鶴。
透かし彫りの「南部対鶴(なんぶむかいづる)」は
古くから鍔に用いられた意匠で、現存する作品を写したもの。
大小ともに真鍮製の鶴の目貫は柄の左右に1羽つずつ。
そして全体を黒・白・赤でまとめた拵え。
鶴は神仙に関わる鳥といわれ、仙禽、仙各などと呼ばれますから
斬馬刀と小脇差の大小差をハーモニーにみたて
「仙樂」と名付けました。



刃紋を自然光でご覧頂くために、毎回付けている野外写真。
すべて自宅の庭で撮ってまして
季節感を添えるため、庭の花木を切って使ったりしてますが
今回は何も添えずに撮影しました。
草深すぎ(^ω^;)。
夏がやって来ましたね〜。。。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/407-9b3421d5