categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀「和泉守兼定写」土方歳三拵

trackback0  comment--
鬼神丸菊一文字虎徹、ときたら、次はこれしか。
お待たせ致しました(?)、新選組・鬼の副長の愛刀「和泉守兼定」
満を持しての出品です。




長大なものが流行ったらしい幕末の御刀の中でも
土方歳三の兼定は刀身だけで70cm超とかなり長いですので、
今作は全長40cmという、乾 犬吉 作の反りのある大刀の中では
最大サイズの作品になりました。

もちろん長いばかりでなく、
これまで培って来た様々な技術・手法の集大成となったのに加え
真鍮で誂えた中空の栗型や丸みのある鐺(こじり)、
鞘の細密な石目塗りなど
今までに無い技術も盛り込んだ超意欲作となっています。
ぜひ上の画像をクリックして詳細をご覧下さいませ〜(^ω^)/


土方歳三の愛刀としてあまりにも有名な「和泉守兼定」ですが
当時の拵えまで現存しているという事でも有名ですよね。

日本刀の拵えというのは、だいたい木や皮で作られますから
壊れたり痛んだり汚れたり、時には気分で更新されちゃうもので
大抵の時代のある御刀には拵えが残っておらず、
かなり有名なものでも、拵えの様子まで記録に残っている事すら
まずありません。

なので今まで「○○写し」と付けてる御刀はふつう刀身のみの写しで
拵えは犬吉さんが刀身のイメージや逸話に合わせて
想像して作ってるんですけど、
拵えがガッツリ残ってる御刀は、
当時の最高峰の技術とセンスで作られてるだけに
ほんっと似せるの難しいみたいです(^ω^;)。


今回の「兼定」は、拵えがほぼ完璧に現存している
レアケースなわけですが、
所蔵されている土方歳三資料館でも
刀身の常設展示はされないという結構なお宝ですので、
その全貌は実はあまり知られていなかったりして
人間サイズの模造刀や居合い刀でも、
きちんと造形が再現されている物はなかなか見かけません。

たとえば顕著なのが鞘の牡丹紋・鳳凰紋。
一般には鞘の表に黒の蒔絵で4つの紋が入ってると思われていますが
実物には裏にも更に3つの紋が入っているのです。
鳳凰紋が2つ、牡丹紋が3つ、見返り鳳凰紋が2つの表裏計7つ。
しかも見返り鳳凰紋は1羽が反転していて、
そして7つのうちの3つには、蒔絵の銀が残っている様です。



今作ではその辺を忠実に再現したくて、
実物の約1/3の大きさの紋を黒の漆で手描きし、
はがれかかった銀の蒔絵もそれらしく表現してみました。



鍔も表裏に実物そっくりの七夕図を浮き彫りで入れ、
目貫も真鍮で枝山椒図を削り出し、
可能な限り実物のデザインを再現しましたが、
柄巻きだけは、本来は「捻り巻き」であるところを
1/3スケールで再現すると、平紐の厚みの関係で
お人形に持たせているうちに形が崩れる恐れがあると判断しましたので、
実物の様な小菱に見えるように細めの平紐で
耐久性のある諸捻巻きにしたそうです。


また、現存の拵えにかろうじて残る下緒は
すっかり褪色して白っぽくなってしまっていますが、
元々は御納戸色(青緑)か浅葱色だったのでは…と推測して
御納戸色の江戸打ち紐を
ダイロンの色抜きで浅葱色にまで色落ちさせて使用しました。
これがまた次第に自然褪色して、そのうち
いい感じの古色を醸すのではないかと思います。

ちなみに御納戸色の下緒は、
家老や城代など結構なご身分の方の御刀を示すのだそうです。
浅葱色は、ほどほどの位の武士が使った色という事で
こちらが正解かなとも思うのですが
「兼定」はお大名から下賜された御刀という事ですので
実際どちらだったかが悩ましい所。。。(´ω`*)


と、ことほど現物の再現に腐心した作ということで
犬吉さんの想像や大幅なアレンジは入りませんでしたから
今回は「号(呼び名)」は付けず、
商品名「和泉守兼定写」としてご紹介する事にしました次第。




ところで、図らずも今月は土方さんのお誕生月なんですね。
トシちゃん179歳>(・◇・)
って話をしてましたら、犬吉さん
「そうなんだ。わーもうあと179年は兼定作りたくないノ(´Å`;)ヽ」
なんて言ってました。
今作は刀身も拵えも最高峰の豪華さと出来だけに、
かかった手間も半端無かった様です(^ω^;)。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/404-417ea656