categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀「黄龍」虎徹写し

trackback0  comment--
前回、SD用大刀の一周年記念モデルを作りきったつもりでいた犬吉さん、
落札者様より、まさかの脇差製作のご依頼を受け
ここしばらく (°ω°;=;°ω°)←こんなんなっておりましたが
ちょっとここで失礼して、先に進行中でした御刀を
出品させていただきたいと存じます。




今回は、新撰組局長・近藤 勇の愛刀である、あの「虎徹」を
近藤局長が大変に好んだという龍づくしの拵えでお作りしました。
鞘は質実剛健な黒の石地塗り。
居合い刀や模造刀によく見られる近藤 勇 拵えに倣って
山吹色の柄紐と下緒で粋な感じにまとめています。
どうぞ画像をクリックして詳細をご覧になってみて下さいね(^ω^)/。

さて、江戸は元禄時代からの新々刀の中でも
とても切れ味が良く人気があったという「虎徹」ですが
こちら、いつも犬吉さんが作っている
備前伝の雰囲気とはまるで違います。
腰反り深く踏ん張りのある、がっしりした印象のものが多い
備前・備中刀にくらべ
とにかく反りが浅く、身幅は尋常〜細身で先が詰まり、
スラリとしてスタイリッシュなのが
美濃伝を受け継ぐ「虎徹」の最大の特徴。

作者の長曽禰興里入道虎徹は元々は甲冑師で
50歳を超えてから和泉守兼重に師事し刀鍛冶に転身したという
ちょっと変わり種な刀匠なのですが
その業の冴えは老いるほどに昇華し続け
恐ろしく切れ味が良いという定評から大変な人気で
新々刀ながら江戸後期には大名道具と呼ばれていたそうです。

その人気ゆえ贋作も半端無く多い「虎徹」ですが
今回の御刀は、現存する真作の中でも最上作大業物とされる刀身から
直刃を基本とした互の目乱れ刃紋を忠実に写しています。

そして透かしの鍔・真鍮製の縁・縁頭、左右の目抜きに至るまで
細かい細工はすべて、近藤局長お気にの龍の意匠。
ついでに唐錦の刀袋も龍模様。
テーマカラーの山吹色にちなんで
東西南北の中心を司り四神の長と言われる瑞獣「黄龍」から
今作の号(呼び名)を頂戴しました。
激動の時代を常に死と隣り合わせで生きた人ですから
龍神の加護を切に願っていたのに違いない、と察しつつ。



ちょうど今、里山は山吹の盛りです。
今回の庭撮りでは、いつも散歩で通る山道に咲いていた
八重山吹を一枝添えてみましたよ(^ω^)。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/402-f0f01800