categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀「白夜」菊一文字写し

trackback0  comment--
ツイッターで予告しておりましたが、なんとかギリギリ週末に
次の大刀を出品できました。




今回は、前作「冬華(鬼神丸国重写し)」から半ばお約束的に
新選組一番隊長・沖田総司の愛刀として有名な
「菊一文字」を写してみました。
重要文化財指定の「一文字則宗」を
透かし菊の鍔、小菊の目抜きで拵えた、菊づくしの御刀です。
どうぞ画像をクリックして詳細をご覧下さい(^ω^)/。

「菊一文字」が新選組・沖田総司の愛刀・・・というのは、実は
だいたい皆様ご存知のとおり
これは司馬遼太郎の小説「新選組血風録」の中の設定であって
史実ではありません。

備前国・福岡一文字派の開祖であり
後鳥羽上皇の御番鍛冶筆頭であった則宗が
鎌倉時代に作刀した「菊一文字則宗」。
この「菊」の字は、
後鳥羽上皇が、当代一優れた刀匠であった則宗に
使用を許したと伝えられる、16弁の菊花紋の事だそうです。

でも福岡一文字派の銘は「一」一文字のみで
実際に銘に菊花紋が切られた御刀はどうも存在しない様子。
菊花紋が許された、というのは
後の言い伝えの尾ひれなのかもしれませんが
それだけ素晴らしい御刀なのだという例えで
「菊一文字」の称号のみが後世に伝えられた格好なんですね。

そんな夢の「菊一文字」、幕末当時から国宝級の御刀だったそうで
とても新選組隊士の手に入るレベルの品ではなかったそうなのですが
お人形さんが持つ分には遠慮はいらぬ!(・∀・)

ということで、備前刀大好きっ子の犬吉さんが
またまた腕によりをかけて
わずか5本しか現存しないという中から
元土浦藩主・土屋家伝来の「一文字則宗」より刀身を写し、
拵えの様は一切伝わってませんので、これは犬吉さんのセンスで
薄闇に浮かぶ白菊をイメージして誂えました。

そして今回のオマケ小物は
金属プレートを木綿の鉢巻きに縫い止めた
ちょっと本格仕様の鉢金。

このプレートはアルミ鋼を黒染めしたもので
刀身同様、重量感がありますが、さほど重くはありません。
新選組ルックでは必須アイテムですが
基本の男子和装+鉢金に襷がけ、というだけでも
なかなか勇ましい武者姿になれますよ♪
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/399-5fa4abc8