categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀(大刀)「冬華」鬼神丸国重 写

trackback0  comment--
ちょっとお久しぶりの日本刀(大刀)の出品です。
今回は「池田鬼神丸国重」写。




「鬼神丸国重」と呼ばれる御刀も、この世に唯一の物というわけではなく
大・小・短刀、幾振かの数が現代にも伝えられているそうですが
今作では、歴史上最も人気の高い
新撰組三番隊長・斎藤一の愛刀と言われる鬼神丸の拵えを再現しました。
また、乾犬吉作品では初めて、
上等な鞘にしか付かない「ヒトトメ」という部品を真鍮で誂え、
栗型にぴったり嵌め込むという新技術を凝らしています。
どうぞ画像をクリックして詳細をご覧になって下さいませ!(^ω^)/

さて、これよりはちょっとマニアックなお話。↓
鬼神丸の正式銘は「摂州住池田鬼神丸国重」というそうですが
これは「摂州池田ってとこに住んでる国重派の鬼神丸が作りましたよ」
という意味で
大阪で作られた御刀ではありますが、
出身は岡山で実家は備中国重派の刀鍛冶、
つまり「鬼神丸」と呼ばれる御刀は備中刀の流れを汲む可能性があります。
実際は摂州の二代河内守国助に師事し
相州伝の影響が色濃い作風だそうですが、
今作は、現存する鬼神丸国重の大刀の中でも
反りの強い古風な備中スタイルの刀身を選んで写しました。


↑クリックで拡大します

備中刀は備前刀と並んで国宝・重文級になぞらえられる作品が多い
歴史的・実用的に価値の高い、大変優れた刀剣で
腰反り高く踏ん張りのある太刀姿が特徴です。
奇しくも備中笠岡住みの犬吉さん、このフォルムが大好きで
今回もノリノリで作刀しました(^ω^)。
刃紋も、現存する鬼神丸国重の互の目刃紋を忠実に写した結果
とても繊細な出来となりましたよ。

備前刀・備中刀については過去記事でちょっと触れておりますので
よろしかったら。
2013/09/16「女国重の里」
http://trico07.blog105.fc2.com/blog-entry-379.html


実は1月に出品しました逆刃刀にゆるりと続いて
「こんどは斎藤一の御刀いってみよー!٩( 'ω' )و」と
犬吉さんずいぶん前から張り切ってたのですけど、
斎藤鬼神丸についての情報が少なく資料集めに苦慮したのと
この冬は大寒波で気温の低い日が続いて
5〜6度の重ね塗りをしなければならない鞘の漆がなかなか乾かず
思い立ってから完成まで、2ヶ月もかかってしまいました。

べ、べつに3/9のドルパで新鮮組ドールが出るからって
合わせた訳じゃないんだからね!
や、この↑書き方だと暗に肯定の意味になるんでしたっけ?(・ω・;)
まあどっちでもいいです。ナイスタイミング・・・なのかなあ?
とりあえず、羅卒の衣装でも帯刀できるように
本革製のホルダーをオマケに付けちゃいましたよ。

真冬も艶やかに咲き続けた山茶花を目抜きにあしらった鬼神丸、
なにやらとても厳しかった今年の冬の思い出…という事でひとつ。(^ω^)

Touka-10.jpg
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/397-bbfdee23