categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大小「天川」

trackback0  comment--
お待たせいたしましたかどうかわかりませんが(^ω^;)
本年初の本格的御刀、豪華日本刀大小+小物セットを出品しました。



昨年末に初めてご紹介しました日本刀大小セット「黒曜」
脇差が人間サイズで40cm程度の「小脇差」でしたが
今回の脇差しは60cm相当の本脇差となります。
二天一流の構えも思いのまま♪
反りの深さの違う二刀を重ねて腰に差した時
黒漆に吹き付けた金彩が夜空に広がる天の川を彷彿とさせ、
鍔や目抜きに笹葉と短冊を描いた
美しい揃いの拵えです。



そして小物は打ち粉(御刀手入れ具)と江戸風車がついて
二刀流とポンポンが楽しめる豪華11点セット。
ぜひ画像をクリックして詳細をご覧下さい(^ω^)/


ところで、こちら瀬戸内地方は一昨日〜昨日にかけて
記録的な大雪に見舞われてしまいました。
140208-雪景色

いつもオークション載せる野外写真を庭で撮っているのですが、
雪がやんでやっと撮影出来た時も盛大に積もっていて、
その庭撮り写真が雪景色になってしまいました。
七夕ネタの御刀なのに〜(^ω^;)↓



あ、犬吉さん作の御刀は、鞘が漆仕上げ、刀身・鍔はアルミ鋼材ですので
雪に濡れても全く問題ありません。

以前一度、大刀をお買い上げ頂いた方から
「川で撮影したいのですが、水に濡れても大丈夫でしょうか?」
というご質問を頂いて、
「鞘の内部だけ濡らさないようご注意下さい」とお答えしました。
鞘は刀身にぴったり合わせて彫って作られますので
内部の塗装していない木の肌が水を吸うと
膨張や歪みが生じて刀身が収まらなくなる可能性があります。
でも鞘の表に施した漆塗りは、太古より防水や接着に使われて来た
天然の強化コーティング剤ですので
お椀などの漆器同様、水濡れに大変強いのです。
刀身や鞘の表なら、いくら濡れても、拭いて自然乾燥させれば
大丈夫です(^ω^)。

関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/395-6266fc9e