categorySD用 和小物

●SD用 山吹色の御菓子(南京落雁)

trackback0  comment--
斬馬刀出したばかりですが。
またまた犬吉さんの新しい冗談アイテムが出来上がりましたので
懲りずにヤフオク!に出品しました。




お中元シーズンを控えて今回製作しましたのは、
「剣客商売」などの時代劇でお馴染みの
南京落雁のお中元セットです。
上品な菓子折が、タイトルでおわかりの通り
敷き紙をめくると、とたんに下品なご進物に!
ぜひ画像クリックして詳細をご覧下さい(^ω^;) /

今回、この冗談をやりたいがために、
犬吉さん頑張って小判を沢山削りました。

↓ほらほら。あこがれの包み金ができるくらい!
130601-包み金

包み紙に金25両って書いてますが、中に入ってるのは13両です。

130601-包み金2

↑なんて贅沢な遊びをやってしまいましたが(^ω^;)

今回の落雁セットに付くのは8両。
現在の価格にしておよそ80万円ということですから
ちょっとしたお願いだったら
どんなエライ人でも聞いてくれそうな気がしますよ(・∀・)♪

慶長小判8枚に、
落雁は松・竹・梅・扇・流水・千鳥の6種11個。
丈夫な桐のお箱には菓子舗「犬福堂」のオツなラベルをでっちあげ
店主・乾犬吉のご挨拶状(リーフレット)も入れました。
涼しげな絵柄の縮緬の風呂敷も付いています。



お箱が分厚すぎない?ってトリコ突っ込んだんですが、
落雁の木箱は、壊れやすい干菓子を守るために丈夫に出来ていて
江戸時代ではその空き箱を文箱としてリユースしたものなんだそうです。
トリコはじめて知りました。
さすがエコシティお江戸!

犬福堂の犬マークは、犬吉さんがかなり以前に彫刻でこしらえた
犬福の置物を撮影して、色数を減らしてイラスト化したもの。
そして実は彼、過去に和菓子職人のおしごとの経験もあったりして
それで落雁なんかに詳しかったり、ぬけぬけと菓子舗店主を名乗っとるわけです。
なんか引き出しの奥が見えないよ犬吉さん!(`・ω・´;)*

そんなこんなでまた遊びのない冗談をかましてますが
ご笑覧いただけましたらこれ幸い。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/359-539bf40e