categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用 斬馬刀「窮奇」

trackback0  comment--
人形刀匠・乾 犬吉 の新作お刀をヤフオク!に出品しました。
ちょっとひさしぶりの日本刀ですが
今回はスタンダードな大刀ではなく
スーパードルフィーの身の丈ほどもある斬馬刀!



全長59cmという長大で身幅も太い御刀で
実戦的な美しい反りと、長い柄の調和が見事です。
今回から手法を変えた波紋も素晴らしい出来ですので
ぜひ画像をクリックして詳細をご覧になってみて下さい(^ω^) /。

この御刀の名前ですが、「窮奇」と書いて
「かまいたち」なんですって。
鍔にはイズナちっくなどうぶつのレリーフが彫ってあって
目抜きや渕頭などの装飾は
つむじ風のモチーフで統一されています。
柄の諸念巻きは革紐でパンクなカンジになってますし
刀を背負うためのホルダーも本革製で
そこはかとなく獣臭かもしてるイメージです(・∀・)。


ところでこの斬馬刀出品のために、
トリコここんとこずーっと夜なべで
撮影用の袴とか羽織とか作ってました(^ω^;)。

せっかく犬吉さんが御刀作っても
お人形との比較写真がなきゃ出品は難しいのですが
今まではお人形服って作った端から売っちゃってたので
撮影用衣装ってものがとにかく無くて。
お着物なんか、組み合わせで色々できるから
バリエが欲しいとこですのにね〜(´-ω-`) 。
作り溜めなきゃ。

今回は金茶色のウールジャカードで袴を、
シースルーのタイダイ染めの古着を解いて袖無し羽織を縫いました。
ちなみに写真の白の長着は、去年初めて男物長着を手がけたとき
練習で作ったトワルです(^ω^;)。
ほんとは袴だけで撮影GOの予定だったんですが
無理して羽織り作っといて良かった。
やっぱ羽織があると締まるというか、絵面がまとまるというか(^ω^) 。

そんなわけで、まにあわせで作った写真の衣装は付きませんが
今回の斬馬刀には、ド派手な古典柄木綿の刀袋と縦型のお飾り台、
大きな焼き竹のお箱が付属します。
刀本体があまりに大きくて、白木の刀箱を作ろうにも
適当な材がホムセンでみつからなかったので
またぞろ竹取の翁が出動しましたよ。
3節もある竹にカルトナージュで内張するのは
ちょっと骨でしたけど
トリコは竹のお箱スキ。白木より夢があるかんじ(*´ω`*)♪
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/358-131313d8