categorySD用 和服・ドレス

●SD用 振袖引着と御守刀「ゆめかぐや」

trackback0  comment--
スーパードルフィー用のお着物の新作を
ヤフオク!に出品しました。



今回は振袖一式に加え、
拵えに竹を映した御守刀「輝夜」と揃いの印籠、
焼き竹のお箱が付いた豪華11点セットです。

「輝夜」は、犬吉さんの昨年夏の作で
シルクドパピヨンのショップサイトにコンセプトモデルとして
長らく飾ってあったものです。
人形刀匠・乾 犬吉の御守刀も、数を重ねて進化を遂げましたので
そろそろショップのモデルを新しく差し替えようという事になり
後にデザインを合わせて作った印籠とともに
ヤフオク!で放出することになりました。
旧作ですので、お振袖とセットでお値段据え置きの
サービス開始価格となっております。
ぜひ上の画像をクリックして詳細をご覧下さいませ〜(^ω^) /

さて今回の新作お着物ですが、
表地は金彩の入った華やかなコットンサテンプリントを使いました。
この布、買った時は縮緬風のシボが入っていて
なんとも言えない手触りだったのに
1回水通ししたら、きれ〜いにシボが取れてしまいました。
ヒートエンボス加工だったのね!Σ(・Д・;)
レーヨン縮緬と同じく、「手芸用ですからお洗濯できません」的な
布だったという事なのでしょうが・・・(´-ω-`)
までも、
シボなしのつるつるサテンにはなっちゃったものの
これがまたなかなか美しくて風合いが良いのです。
金彩は洗濯機でのお洗濯でもビクともしませんでしたし
つややかでしなやかで、皺になりにくく
まつりぬいの針目も目立たないのですよ。
縫いやすくて着せやすい
お着物には最適な布だな〜って思いました(^ω^) 。

裏地は、透け感のある萌葱色のゴースを合わせました。
コットンモスリンみたいな見場で、
化繊だと思うのですが、サラサラで静電気も起こらず
こちらも縫いやすくて皺になりにくいステキ素材です。
夏だから比翼はオミット。
厚みが出ませんでしたので、おはしょりで着せよう思えば
着せられそうです♪

帯は銀糸の紬帯地、作りつけた琵琶色の「しごき」は絹縮緬。
どちらも西陣のハギレです。
帯地には宝づくしの絹刺繍がワンポイントで入ってましたのを
だらりの左翼に持ってきました。

YumeKaguya-06.jpg

インナーは、半襦袢+ペチコート+足袋と、定番ラインですが
今回は綸子をメインに使っています。
うす桃色の鹿の子模様の正絹地で、木綿よりすべりやすいですから
伸縮包帯で補正した上から着せた方が着付けやすいかも・・・
オークション用の写真では補正は一切していませんが、
念のため包帯1本お付けしますね。


御守刀にはいつものごとく、刀袋と懐紙が
印籠にはお薬が2つ付いています。
「輝夜」には専用の桐箱がありましたが
せっかく揃いの印籠が出来ましたので、
2つ一緒に納めることができる
焼き竹のお箱を新しくあつらえました。

-002.jpg

青竹をバーナーでよく炙って乾燥させ、加工したもので
採取してからまだ1週間ほどですので
表に緑の色が残っていますが
1月もすると、すっかり枯れた風合いになるかと思います。
その色の移ろいや、風合いの変わっていく様も
お楽しみ下さいね(^ω^) 。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/357-42e1f26a