categorySD用 日本刀(御守刀・短刀)

●SD用 御守刀「骸姫」

trackback0  comment--
「淡姫」に続いてもう一本、
乾 犬吉 作・スーパードルフィー用 御守刀「骸姫」を
ヤフオク!に出品です。

Mukurohime-04.jpg
Mukurohime-02.jpg

よろしかったら画像をクリックしてオークションページを…
いやいや、キモッ! とかおっしゃらず
どうぞご覧になってやって下さいましな(´・ω・`)/。

今までになく新奇な、白骨を象りましたこの御守刀ですが
刀身も反りが深く、まるでシミターの様なシルエットが
刹那的というか実戦的というか。

刀の拵えには、例えば鍔や目抜きなどの細かい部分に
よく髑髏や骨のモチーフが使われるものなのだそうです。
「武士の士は死ぬことと見つけたり」なんて言いますし
西洋絵画で言うヴァニタス、とはちょっと違う
デッドエンドな気分を表現する文化が日本の武具にはあるんですね。
骸となりても守るものあり、という気概の
究極の具象化というところでしょうか。

・・・でいいのよね、犬吉さん?(´・ω・`)


こちらの拵えも、南洋桂材を彫刻して漆塗りで仕上げられています。
曲刃の刀身はもちろんアルミ製。
この作品は特に、刀身が素晴らしく綺麗に上がりました。

アルミ鋼はステンレスに比べて軽く、
磨くと景色も映り込む美しい刀身になるだけでなく
両面テープなどでお人形の手に仮留めした時
軽いので外れにくい、ポーズをキープしやすいという
大きな利点があります。
犬吉さん、もうステンレス加工には戻れそうにありません(^ω^;)。


それから飾り結びですが、
今まで定番の几帳結びだと、なんとも大人しすぎる気がしたので
この「骸姫」は揚巻結びの人型、という結び方にしました。
古来より武具に用いられてきた結び方だそうですよ。

そして余り紐は釈迦玉にまとめ、たっぷりした房にしてみました。
解くのはかなり難しくなりましたが、
むしろ解けない方が良いかなと思いまして。
(「淡姫」も、几帳結び+釈迦玉の房にしています。)


まあそんなこんなで凝りまくりのこの御刀、
ちょっと持ち主を選ぶとは思いますが
ゴス系のお姫様にはうってつけではないかと思います(^ω^) 。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:スーパードルフィージャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/342-1ef92250