category人形

キモノにアップリケ

trackback0  comment--
先日の試作品で、レースと縮緬の着物製作を断念しましたが
縮緬の代わりに併せようと思ったのが、
市松模様のコットンプリント。

あ、いつも御守刀の写真の背景に使ってる布じゃありませんのよ。
偶然まったく同じ大きさの市松なんですけど
あれはツイード。こっちは平織り。(・ω・;)

で、結構ハデ〜なんですけど、所詮モノトーン、
レース掛けたら地味くさーくなりゃしまいかと心配だったもんですから
四角パッチのアップリケで紅色を差すことにしました。

120819-アップリケ


ところでこの赤いコットンが
一重の野バラ模様ですごく可愛いので
余ったとこでビスクさんの小振袖くらい作れないかな〜と
後ろから貧乏神がなんか言うわけです。(^ω^;)

うーん。デザイン通りのものを作るとなると、
27x27mmの四角を102枚アップリケせねばならないわけで。。。
ナニ?102枚?Σ( ̄▽ ̄;)
そんな時間と根性あるのか!
そして余り布は小振袖取れるほどあるのか!

用意した布が正味109x65cm=7085平方cm。
アップリケの用布が37x37mmx102枚≒1340平方cm。
小振袖の総裁ち切り面積が、柄合わせ見込んで約8300・・・
あはははは全然たりなーいヽ(*´▽`*)ノ

心おきなくアップリケのピースだけ裁断したのでした。
余った布は帯かヘッドドレスでも作ります。

それにしても、思い描いたデザインのためとは言え
アップリケ102枚は果てしないです。(^ω^;)
一日中やってますが、ちゃんちゃら終わりません。
ずっと使ってる針が、真ん中当たりで布に引っかかって
抜きにくくなってたから、針磨き出動。
ちょっと布通り良くなりました。

120820-針磨き

イチゴの針磨き、えらい昔に何コレかわゆーい♪って買ったものの
何の役に立つのやら今ひとつピンと来なかったんですけど
長く縫い物やってると、有り難みが分かって来るものなんですね〜。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:パッチワークジャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/285-2f83289a