category人形

着物寸法計算表

trackback0  comment--
先日から和裁本と格闘していますが、
和裁の基本をまったく知らないところへ
各部の寸法計算の説明が散在してて、頭が混乱するばかり。
ただでさえ標準体型を外れると寸法取りがややこしいのに
お人形用に縮小するとなると、計算が更に煩雑になるし…(ー"ー)
着物ってまっすぐ切って縫うだけで簡単みたいに見えますけど
すごく複雑だし、厳密なんですね。

とにかく裁断前から困ったので、Excelで計算表を作りました。

120812-エクセル

お人形の身長・ゆき丈・ヒップ・前腰幅の4箇所を測定して入力すれば
すべてのピースの仕上がり寸法と裁ち寸法が一発表示されます(^ω^) 。


和裁本のデータを元に、標準身長156cmで縮小比率を出して
お人形用に着物の各サイズをはじき出せるようにしました。
Excelは数値の四捨五入もしてくれるから便利ですよね♪

この時点では、サイズが出てくるのは
大裁女物長着の単、袷、比翼の寸法だけですが、
おいおい中裁や襦袢や羽織なんかのサイズも出せるように
データを追加して行きます。


ここまで作っておいて、ふと
こういうの、サイトで計算できるとこあるんじゃ?(´・ω・`)
と気付いてしまいまして
検索してみたら、呉服屋さんなどのサイトに
まさにそういうインタラクティヴな計算表があったんですけど
試しにお人形サイズを入力してみましたら、
所々まともじゃない数値が出てきます。
どうやら、おくみ幅とか肩あきとか襟幅とか、一般サイズに固定されがちな部分は
人間サイズしか出てこないようになってるみたい。
おくみ下がりや袖付け長さなんて細かいとこは出てこないし
これだとミニチュアは作れないわ(;ω;)

なんにしろ自作して正解だった様です。
作って行くごとに、お人形によって
加減して行かなきゃいけない箇所も出てくるだろうし
独自のデータベースを持っておくのは悪くない気がします。


120813-計算表

で、これが刷り出したExcelの着物寸法計算表。
スーパードルフィーサイズで計算した表を印刷用に並べ直して
Photoshopで簡単に作ったピーシングシートも付けてます。
これで明日から振袖の製作にかかれます(^ω^)♪
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:和風、和物、日本の伝統ジャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/282-f56ffe24