category小田舎暮らし

竹ボッキリ (と、考え事)

trackback0  comment--
今朝フト玄関から門のあたりを見ると、
敷地の横に今年生えてきた大きな笹竹が、
根本から折れて電線にもたれかかってました!Σ( ̄▽ ̄;)
マジヤバですよねこれ。
笹藪の中でもひときわ背高の1本だったんですけど、
今年は梅雨に雨が多くて肥培状態になってたのかしらん?
昨日の風で折れたっぽい。
竹って自然に折れる事あるのね。

などとぼんやり構えている場合ではありません。
竹がもたれかかっているのは、我が家の引き込み線。
引っ越しの時、電気工事の小父さんが大車輪で引いてくれた
大事な電線です!

とは言え女の出る幕ではなく。
ダーリンが作業着で出動し、なんとか折れ竹を切って処分してくれました。
ついでに、駐車場の真上に垂れてた大きな漆の枝も。
雨の日、車に乗る時
かぶれそうでドキドキだったんだ~(´・ω・`) -3


話は変わって
先日、実家に依頼されて鐘楼船に貼る絵を描きました
その絵をデータ使いまわしで、
来年はもっと大きな紙に出力して欲しいと父に頼まれました。
あと、船の名前を黒で印刷した帆も、大きめで。
そのサイズというのが
40 x 80 cmとか、A3版をタテに2枚分とか。
それだとA1版の出力機器が必要です。
流用可能な状態で残した画像データが生きるのは嬉しいんですが、
パパン。
うちはA3までしかオンデマンド無理よ?(ー"ー)

大きな紙に画像データを出力してくれる印刷屋さんを
近場で探さなきゃならなりません。
岡山市内なら心当たりもあるけど、笠岡市内にあるかどうか。
それに昔、仕事で大判出力したことがありましたけど
B3でも確か1枚3,4千円だか取られたはず。
今も高いのかな~。
とネットで調べてみると
A1版の出力サービスは今も4ケタでございますよ。(ー"ー)
一番お安いところで1,500円。ただし首都圏。
枚数が必要なら、下手に近場でやってもらうより
送料かかっても通販に出した方がお得みたいです。

しかし一艘1万3千円ほどの使い捨ての鐘楼船に、
2~3千円コストの紙モノを使うのは不経済では。
しつらえを良くして単価上げを狙うなら解りますが
ご近所の親戚や知人に大サービスで作ってあげてる品物ですから
それも難しいはず。

船底に貼るという40 x 80 cmの出力は家では無理としても
A3をタテに2枚分という帆だけなら、
用紙サイズ指定と手差しトレイでなんとかならないものか。
スミ1色ならデータも軽いし~
などと、つらつらうにうに考えてましたが
来年の話なんですよ。
はやまるな俺。
そして来年の今頃までに、大判出力サービスがもっと
価格破壊してくれる可能性にもゼヒ賭けたい!**



今夜は月がすごく明るいです。
いつもは墨を流したように暗い庭のディティールがはっきり見える。
「月の真昼」って、こういうのを言うのかな。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:田舎暮らし日記ジャンル:ライフ

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/276-7842bc98