category小田舎暮らし

ハニートラップ

trackback0  comment--
ハニートラップというのは、
女性が男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔・脅迫するという
元々はスパイ活動用語だったかと思うんですけど
我が家では違います。

穴を空けたペットボトルに誘引剤を入れたものを
木の枝に吊して、
スズメバチなどの害虫を捕殺する罠のことをそう呼ぶのだ!

120605-ハニートラップ01

この家って、引っ越し前に掃除に通ってた頃、
もっっっっっんのすごくでっかいオオスズメバチの女王が
裏庭と言わず家の中と言わず横行されてたのです。
すごいですよ。羽音がね、ブーーンとかじゃないの。
ドオオオオオオオオオオ。
もうなんか虫の域を超えてるんですよ。

女王蜂は単独行動だし、兵隊蜂に比べて攻撃性が低いらしいので
5~6月に巣作りする前の女王蜂を駆除しておくのが
一番効率が良いそうなのです。
ほっとくと近くに巣を作り、何百何千の兵隊蜂を生んで
うっかりナワバリに入った人間を襲うようになるというから
これは急ぎ駆除しておかねばりません。

ネットでとても具合の良さそうなトラップが紹介されていたので
我が家でも2つほど作って、引っ越し前から通り道らしき場所に
仕掛けておきました。

120605-ハニートラップ02

作り方はとても簡単なのです。
大きめのペットボトルの肩に、虫が通れる大きさのH字の切り込みを入れ
上片を外に、下片を中に折り込みます。
底には誘引剤を入れますが、これも作り方は簡単。
ファンタグレープに日本酒、リンゴ酢などを混ぜるだけ。
それを底から7,8cmほど注ぎ
蓋に針金を取り付けて、通り道の木の枝や軒下に吊します。
誘引剤が発酵すると、スズメバチをはじめ、
様々な害虫が入り込んで出られなくなり、溺れてしまいます。

我が家はこちらの↓HPを参考にさせていただきました。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~vespa/vespa201.htm

誘引剤は、リンゴ酢抜きでも、発酵すればかなり有効でした。
そうそう、黒砂糖を入れると強力でしたよ~!
内容や配合は効果を見て、いろいろ変えても良いようです。

6月に入り、溺れる余裕のないくらい虫が捕れましたので
また新しく作り直して吊り下げました。
恐ろしい大きさの女王蜂も大漁でございましたよ(;´Д`)。


もちろんトラップだけで安心はできません。
この家は本当に造りが古くて網戸が無いので、
全開した縁側の掃き出し窓からいくらでも虫が飛び込んできます。
オオスズメバチもしかり。

実はこの家、無人だった10年の間に
廊下の屋根裏に大きな巣が作られた跡があるのです。
巣の重みで廊下の天井が抜けてますもの(^^;)。
幸い、一度巣を作った場所は再利用されないそうです。

て、コンニチワ~と中に入ってきたスズメバチをどうするかと言うと
・・・
「ナイス蚊っち」ってご存じですか?
トリコは今回の引っ越しではじめて目にしたのですが
蚊をはじめ、小さな害虫を撃退するのに使う
ボタンを押すと電流が流れる殺虫ラケット。
これがですね、スズメバチやムカデなど、大型害虫の捕獲にも
なかなか良く働いてくれるのです。

スズメバチの女王

↑は電磁殺虫ラケットとマグナムジェットを併用して捕らえた
オオスズメバチの女王様。
体長5cmくらいあります~(;´Д`)。
これぐらいになると、電撃や殺虫剤だけで息絶えたりはしません。
殺虫剤でヨロヨロになった所を電撃、
電撃中は網に捕まって離れられなくなるので、
充分弱らせた後、ひと思いに焼却です。
南無(-人-)。

こんな感じで、こちらに来てから今までに
10匹以上駆除できたでしょうか。
ほっといたら生まれてくる兵隊蜂を、最低でも1,000匹、
ひょっとしたら10,000匹ほども駆除できたことになります。

しかしこんな真似も、女王蜂だけしかいない
こんな時期だから出来ることらしいです。
兵隊蜂相手だと、攻撃性の高さと集団攻撃が半端なく
素人の手には負えません。
7月に入るとトラップに掛かるのも兵隊だけになるそうで
かえって蜂を呼び寄せて危険なので、
遅くとも6月下旬にはトラップを撤去するのが望ましいそうです。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:自然の中でジャンル:ライフ

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/253-2eac5249