category小田舎暮らし

庭木刈りまくり

trackback0  comment--
昨日のプチ失敗釜飯、今朝とり雑炊でいただきました。
美味しかった~(*´▽`*)

そして「沸かし太郎」は4時間でお風呂が沸き
3人入り終わるまで、熱々のお湯を堪能できました。
2万円で給湯設備が確保できて、
ランニングコストは月3,000円内!
いつかはエコキュート入れなきゃって考えてたけど、
ぶっちゃけこれで行っちゃっていいんじゃ?

そんな充実っぷりを見せてきた田舎暮らしですが、
今日は朝から庭木の刈り込みをしています。
昨日庭に、太さ1.5cm 全長25cmくらいのムカデが出たので。
20cm超はランカーですよ!モンスターですよ!
咬まれたら救急車呼ばなきゃなレベル!(((゚Д゚)))

120531庭-剪定前


いや、覚悟はしてました。
実家は四国の田舎だったので、もっと凄い個体も駆除した事ある。
でも街ぐらしが長かったから、ムカデ自体見るのが20年振りくらい?
調べてみれば、
庭の下草をきれいに刈れば、そういった虫は激減するのだとか。
でもこの家の庭は10年放置されて森のようになってますから
草刈った程度じゃなんともなりません。
藪を!藪をなんとかしないと!

で、先日新しく買った、千吉の剪定鋏が大活躍。
『千吉 ラチェット式剪定鋏 SGP-22R』という
径2cmの枝が1/3の握力で切れるという代物なんですが、この鋏は凄いです!
実質3cm径でも行けてる。1,280円とは思えない性能!
高さ3mx幅と奥行き4mになってたツツジの藪が、
あっちゅうまに小さく刈り込まれてます。
鋏自体の見場もリッチ。
普通の剪定鋏をジムとしたら、デンドロビウムくらい凄い。

3cmを超える枝は、ダーリンやボンに竹引き鋸で切って貰ってます。
まあね。横枝が径4cm超とかになってるツツジを見るの、
私も初めてなんですけど(^^;)。
この鋏があったら、以前の家の庭にあったヒョロい植栽なんか
軽~く剪定できてたのに~って思うと、ちょっと口惜しい。


写真は剪定前の前庭。2階の廊下から撮りました。
庭木の野放図っぷりが凄いでしょ。
低木も鬱蒼と茂って、ちょっとボリューミーな生け垣状態。
これがどうなるかは今後に乞うご期待。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:田舎暮らし日記ジャンル:ライフ

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/232-5544cd68