category小田舎暮らし

不安がいっぱい

trackback0  comment--
やること多すぎて、でも動くタイミングが計れなくて、
最近なんだか脳みそ空転気味です。

引越や不要品処分の見積もりもまだだし、
ダーリンとボンは離職の手続きに職安にも行かなきゃだし、
新しい住所も決まらないし。
そんな中で、当面使わない物の荷造りも始めなきゃなりませんが
我が家は仕事に使う物品が一番多いので
ギリギリまで営業活動するとなると、際ッ際まで物が片づきそうにありません。
運良く仕事が得られたとしても、
引っ越し先が直ちに仕事の出来る状態に整備されるのかどうか
それもよく分からないのです。

そして引っ越しのスケジュールにも暗雲が!

今住んでいる家を買ってくれたご家族は、
ご夫婦で市内に仕事があり、3人のお子さんには学校があり
介護の必要なお年寄りも一緒に移られる予定。
現在住まれている賃貸住宅の更新が6月に迫っていることもあり
どうしても5月中に移転を済ませたい。
家はそのまま使うわけでなく、壁紙の張り替えなどリフォームもしたいので
その工期も考えると、我々には契約上の期限5/20より早く、
5月中旬には退居願いたいとのご希望です。

そんなこんなの話もあったり、契約に関わった各方面の都合をすりあわせ
家の売買の決算日が5/14日と決まってしまいました。
そうなると遅くとも5/14日昼には明け渡しをしなければなりません。
我々も後の生活のこと考えると、1日でも早く引っ越し先に移りたいですから
退居が早まるのはやぶさかではないのですが・・・

ところが我々退居側の引越予定がなかなか見えない状況なのです。
かねてからの「楽園計画」にのっとり
田舎で10年放置された補修要の空き家を賃貸する予定ではありますが
物件の見学や補修の見積もりで都合3回現地に足を運び
見積書を作成して仲介業者に家主との家賃交渉に入って貰ったのが先週。
今朝やっと、仲介業者から
4/25に家主との面談がセッティングできたという連絡を受けたばかりで
賃貸契約はそれから一週間かかる可能性があると分かり
そうなるとGWをまたいでしまうわけで
それから契約・電気工事等ライフライン整備となると
退居予定の5/14まで一週間しかありません。

次に移りたい家の家主さんに、
こちらの都合をゴリ押しするわけにはいかない、とダーリンが頑ななので
先方はこちらのスケジュールも知らず、のんびりした構え。
ダーリンはダーリンで、自分のペースで慎重に事を運びたいらしく
5/14に家を空ける気はさらさら無い様子です。

転居先を探したのはダーリンで
持ち家売却を主導したのは私、
自然、それぞれがその担当という態勢になったわけですが
ここへ来て足並みが揃ってないという衝撃の事実。
私、連日、売却側の住宅業者さんに
「いつ出られますか!5/14大丈夫ですか!」って突き上げられて
なんか病みそう。
この引っ越し、どうなってしまうのー!?ヽ(`Д´)ノ
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:住宅・不動産ジャンル:ライフ

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/225-5f77055a