category雑貨

ビター&ホワイト

trackback0  comment--
先日、ボンの彼女ちゃんに差し上げた
板チョコ風ニードルケース・ディプティックですが
さっそくLe Cirque du Papillonで販売する商品の製作に入りました。
先に作ったビターチョコ仕様に加えて、
アイボリーホワイトのコットンベルベットを使った
ホワイトチョコ仕様の2点を同時製作です(^^)。

トラプント

前回はありものからみつくろって
表装にはレース&リボンローズのポイントをとじつけ
内張にはパーリッシュなボタンやビーズを貼り付けたのですが
ここへきてチョコのイメージに合いそうなノーションが
無くなってしまいましたので
新しく材料を仕入れて
細かいところはデザイン変更することにしました。

で、今回はとことんチョコに拘ることにしましたよ!↓

表にはスイーツデコパーツのホイップクリームとかを
ポイントでくっつけて、
内張の飾りには、こげ茶のシーリングスタンプで
チョコっぽいエンブレムを作って貼り付けたら格好よくね?(*´▽`*)
なんて考えちゃいまして。
昨日、手芸店と画材屋さんに出かけて
シリコンホイップパーツとエルバンのシーリングワックスを
買ってきましたのです。

ところが帰宅して作業部屋でよくよく眺めてみましたら
こげ茶だと思ってたワックスがダークグレーに見える~!(;´Д`)
いや見えるんじゃなく、力いっぱいグレーでした。
そしてネットで調べて、エルバンのシーリングワックスには
こげ茶が存在しないことが判明し愕然です。

こげ茶、作るしかないのか!
グレーに赤と黄か、オレンジでも混ぜて溶かせば…!?
しかし混色が巧くいくかどうか分からないのに、
一本900円のブツを買い足す勇気が湧きませぬ(T▽T)。

他メーカーでこげ茶がないものか探してみましたが
エルバンだけでなく、そもそもシーリングワックスでこげ茶というのが
珍しいというか、無いっぽい(ー"ー)。
しかし画像検索ではこげ茶っぽいスタンプが沢山表示されます。
どこのなの~!
と、調べてみると
こげ茶なのはワックスではなく、グルーだったのです。
グルーガンでむにゅっと打ち出す、ポリプロピレンの接着剤。
ホットボンドとも言いますよね。
もっ目からウロコがクロスアウトですよ!

なんでも最近は100均ショップでも
様々なカラーのグルースティックが売られていて
特にチョコレートみたいに見えるこげ茶とピンクが
スイーツデコの手作りをたしなまれる方々に大人気なんですとか。
存在すら怪しいシーリングワックスのこげ茶を探すより
ダイソーでも売ってるグルースティック。
これを試さない手はありません!

そしてダーリンがお仕事お休みだった今日、
100均ショップを超ハシゴって来ました。
結果、近在のダイソー4軒とミーツ、ランディ100ではボウズ。
さすがの人気商品、こげ茶は影も形もありません。
でもホームセンターにありましたヽ(*´▽`*)ノ
1ダース200円弱。こげ茶はもちろんピンクも買ってきましたよ~♪

帰宅してからスタンプシールをぺったんぺったん
作りました。↓

チョコシール

ニードルケースの内張に貼るのに都合の良い形状が出来るまで
こ~んなに量産してしまったのですけど(^^;)
余ったシールはラッピングに使えるので無問題♪


ポリプロピレンであるグルーは、何かに貼り付けるのに
特殊な接着剤が必要という情報を仕入れていたので
今日はスコッチのスーパー多用途接着剤もGETして来たんですが
PPでもシリコンゴムでも強力にくっつくと言うこの優れもの、
成分は一体何なの?と思ったら
変成シリコーン樹脂だったんですね。
シリコンをくっつけるのはシリコンでしたか~なるほど。
工作って化学ですよね~。


ビターとホワイト-01

グルーガンで作ったチョコっぽいシーリングスタンプも
シリコンホイップパーツも問題なく接着でき
(ホイップパーツは縫い止めもしてありますので丈夫です)
ビターチョコとホワイトチョコのニードルケースが
出来上がりました(^^)♪

明日、自然光で撮影してサイトUPしたい所なんですが
どうも明日は1日雨っぽい感じです。
お昼間、ちょっとでも明るくなってくれれば良いのですが。
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:ハンドメイドジャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/215-33e32c68