category整理整頓

初モレスキン

trackback0  comment--
初モレスキンが届きましたヽ(*´▽`*)ノ♪
先日、考えに考えて選んだ、赤い表紙のラージ/スクエアード。

120227-モレスキン2

広い文具店ではピンと来なかったけど
自宅で見ると、ラージは程よく大きいですね~。
そしてやっぱハンドメイドブースには赤が似合います♪

さてさて、開封ですよ♪↓

今回、AMAZON で買ったお安い版なんですが
ざっと確認したところ、ほぼ問題なしでした。
製本キレイ。
4箇所とじで15折、紙質も良さそう。
方眼罫は文具店の古いサンプルより気持ち濃くて、
微妙~に傾いてたり見開きで段チになってるページもあるけど、
トリコ的には、まあ許容範囲です。

120227-帯

帯を見たら、品番のお尻がRF。フランス版でした。

安いものって、中国直産の並行輸入品、いわば廉価版なのかな~?
と思ってましたが違いました。
AMAZON では欧米で流通している商品が洋書扱いで売られているため、
円高の恩恵で安くなっているというだけでした。
ちなみに定価の2,730円で売られているのは
日本の代理店を通ってきた国内販売のもの。
お品的違いはというと、帯の説明が日本語か外国語かって
ことぐらいみたい。


ともあれ、ラージいいですね、この大きさ!
そして昔なじみな、黄金比と同じこのタテヨコ比が
なんだかヤル気を起こさせるノートです♪
さっそく他のノートに描いてたハンドメイドレシピ
このモレスキンに転記することにしました。

シャーペンはひっかかることはなく、書き味が良いです。
罫が濃くて鉛筆映えしないとの噂もありますが、
Fの芯ならそうでもない感じ。消しゴムもきれいにかかります。
そしてこの下書きに、水性ボールベンとコピックマルチライナーで
スミ線を入れました。
ゲルインクは裏抜けするというレビューがありましたが、
まったく問題ありませんでしたよ(^^)v。
むしろカーボンインクのマルチライナーの方が
ぐりっとやると抜けそうな勢い。

次に着色。
ぜっっっっったい裏抜け間違いなしと分かってて、コピック行ってみました。
当然裏抜けしました。これはしょうがないです。
180kgのケント紙でも裏に抜けるインクですもん(^^;)。
で、表側ですが(↓写真・左ページ)、
本気で塗るとどうかわかりませんが、ササッと色分け程度の着色だと
地の色がクリームなので、いまいちコピックの持ち味が出ない感じです。

120228-着色

右ページは、色鉛筆で塗ってみました。↑
…思い切り塗れる分、コピックより鮮やかでいいかも。
色を使うなら、裏抜けせずフルページ使える色鉛筆だなって思いました。

それにしても色鉛筆使うの、高校時代以来です(^^;)
ていうかダイソーで買った12色しかない色鉛筆が、
めっちゃ塗りやすいのにオドロイタ。
あ、メーカーTOMBOでした。定価800円なのに100均で売ってるのね。
100均なのに凄くイイ。36色くらいの欲しいな。

120229-3-4頁


自分で編み図を起こしたタティングレースの製図も↓
グリッド入りなので円定規が使いやすく、きちんと描けます。

120301-モレスキンタット


モレスキンお高いから、なかなか手が出なかったんですけど・・・
でも1冊使うとキケンですね。
あれにもこれにもって、どんどん増やしたくなりますね(^^;)
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:文房具大好き!ジャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/213-afeb1e35