category人形

人形製作記---(4)顔面の成形

trackback0  comment0
やれやれ終末です。
仕事しながらだと、毎日人形にかまけてるわけにはいかないんですが
いつコンセートレーション切れるかと思いきや
切れ切れながらも続いているからフシギ。

ともあれ粘土もいい色に上がったので、やっと顔を作れます。
前回は一番に顔を作りました。人形は顔が命ですもん。

以前実物大の人形を作りかけた時は
スケッチから立体型紙を製作し、型紙に直接粘土を盛りつけて行く方式を採用して
ま~見事なくらいイメージ通りの頭部が出来ましたが
今回は1/6だし、感覚で盛っていけばいいや、と
マットの上に粘土を一盛り置いて押したり摘んだりしながら作りましたら
ショック。
↓すっげーブス子ちゃん!

110211-平面顔01
前回の1/6スケール人形の顔もこんな原始的な作り方をして
なんとか好みのフェイスラインに整えたものの
立体の造形としてはイマイチな感じの出来になりました。
斜に構えると顔面が平面的に見えてしまって。
「テルマエ・ロマエ」言うところの「平たい顔族」ですよ。

今度はもっと立体的なお顔になるようにしたい!
とはいえ、マットの上で顔面だけ弄っててもお面作ってるようなもので
調整に限界があります。
後頭部を付けて、360度方向くまなく見ながら成形して行かなきゃ。

前回は頭部の芯に系2.5cmのトピアリーボールを使いました。
発泡スチロールのボールなんですが、それを後頭部に埋め込んで成形し
乾いてから開頭してボールをくり抜くんです。

が!前回1コ使って、残りを保管しておいたと思ってたのに
トピアリーボールの在庫がナッシング!
もう作らねーし!とか思って処分したんでしょうかトリコ。
ああっ昔のことすぎて記憶もナッシング!(≧皿≦)

いい感じで作ってる時に、材料がなくて頓挫するのって辛い。(;-;)


人形製作記(5)につづく
人形製作記(1)はこちら
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:ドールジャンル:趣味・実用

 









        
 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/164-58c713e5