category雑貨

ほんとにラスト?

trackback0  comment--
先週追加発掘された死蔵ビーズキットのもう一つは、
極細の飾り紐とシャム系カラーのスワロフスキービーズを使った
切りっぱなしのネックレスです。
タイトルは「情熱のラリエット」。

100202-情熱のラリエット

このつややかな赤い糸、
GRIFFINという商標の、ビーズが通せるドイツ生まれの飾り紐なんですが
結び目を作ってビーズを通し、糸そのものを見せるデザインで
アクセサリーが作れるんです。
狙った位置に結び目を作るのに、目打ちなどを使うから
最初ちょっとコツがいりますが
少ないビーズであっというまに長いネックレスが出来上がるので
とっても楽しいです(^^)。
しかも繊細で美しい~(*´▽`*)

このキットのデザインは90cmくらいの長さがあって、
2連に巻いてチョーカーにしたり、ブレスレットやベルトとしても
使えるみたいです♪

しかしこのシリーズ、ビーズはギリギリ使用個数しか入ってなくて
今回は1コ、穴無しの不良品があってプチショックでした。
ビースキットブックが10年以上前の刊行だから、代替品を送ってもらうにも
編集部とかもう無いんだろうな~(ー"ー)。
手持ちのダークレッドのスワロで代用できたから良かったんですけど。

までも、嬉しいことに糸の方は、まだ結構な長さが余ってます。
また綺麗な色のスワロを仕入れて、ブレスレットかチョーカーを
作ろうと思います(^^)。


さて、死蔵ビーズキットは
今度こそこれで最後だと思うんですが・・・(^^;)
関連記事
スポンサーサイト

〔テーマ:ビーズジャンル:趣味・実用

 
http://trico07.blog105.fc2.com/tb.php/103-9bb053f2