categorySD用 日本刀(御守刀・短刀)

●SD用日本刀 短刀「想 薬研藤四郎」「厚藤四郎 写」

trackback0  comment--
漆を扱うにはちと難しい
梅雨の季節が始まってしまいましたが
少し前から同時製作していた短刀二振が
先日無事に仕上がりました。



今作は、鎌倉時代の刀工・粟田口吉光の代表作であり
本能寺の変で消失したと言われる「薬研藤四郎」を
享保名物帳のデータから可能な限り再現した
「想 薬研藤四郎」と・・・



同じく粟田口吉光作で現在は国宝指定されている
「厚 藤四郎」の写です。

「想 薬研藤四郎」は、身幅・体配とも尋常な平作りの刀身に
粟田口の典型と言える匂い口の深い直刃文を入れ
本鮫皮を丁寧に貼り付けた出鮫(いだしざめ)の柄と
黒漆の呂色塗鞘の対比が美しい古風な拵。

「厚藤四郎 写」は、通常ドール用の御守刀や短刀には使わない
大刀用の分厚いアルミ鋼材を使って鎧通しの重ねの厚さを表現し、
現存する「厚藤四郎」の姿と刃文を忠実に写して
紺糸巻きの小洒落た拵に包みました。

どちらもヒ首(合口)拵ではなく、極小鍔のある短刀拵となります。
上の画像をクリックしていただくか、または
出品リストより各作品の詳細をお確かめ下さい!(^ω^)/


そして、オークションページには載せられなかった
二刀の厚みの比較写真もどうぞ。↓

...Open more

スポンサーサイト
categorySD用 日本刀(打刀・脇差・太刀)

●SD用日本刀 大刀「山姥切国広 写」

trackback0  comment--
ちょっとご無沙汰になりましたが、打刀の大刀を出品しました。
今回は、堀川国広の最高傑作「山姥切国広」の写しです。




刀匠・堀川国広が活躍したのは安土桃山、つまり戦国時代。
その頃ポピュラーになって来たのが
現代においてざっくり「日本刀」と呼ばれている
打刀(うちがたな)なわけですが、
その中でも黒漆拵は戦国の御刀を代表するスタイルです。

今作は、重要文化財として現存する「山姥切国広」の
腰反り高く切っ先の細い特徴的な刀身を
表裏に掻き通しの棒樋や丁子乱れの刃文もそのままに
スーパードルフィースケールで再現し、
戦国時代らしい黒漆の鞘に、古正阿弥風の海鼠鍔と
唐草花文様の繊細な刀装具をあしらって
実戦的でありながら、さりげなく高貴なイメージの
洒落た御刀に仕上がっています。
どうぞ上の画像をクリックして詳細をご覧ください。(^ω^)/


さて「山姥切国広」といえば
鎌倉時代の名刀「山姥切」の写しとして今や有名ですが、
信濃戸隠山中の山姥なる化け物を退治したというその御刀は
備前長船長義の作、つまり

...Open more

New «‡Top‡» Old